理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

面接に落ちる人によく見られる5つの特徴とは? 面接

253

「面接で自分をうまくアピールできず落ちてしまう」という人は多くいます。しかし、面接で落ちてしまう理由は、アピールがうまくできなかったことだけではないのです。面接でいつも落ちてしまう人にはある共通点があり、ここを押さえなければなかなか内定まで漕ぎ着けることはできません。ここからは、面接に落ちる人によく見られる5つの特徴を解説してゆきましょう。

面接に落ちたのはアピール不足?

面接は、求職者にとっては企業の面接官に対して自分を売り込む場ですが、企業側にとっては自社が求めている人材を発見する場なのです。この企業側からの観点を外して自分を売り込んでしまうと、面接を通過することはできません。面接に落ちた人がよく口にするのは「うまくアピールできなかった」という言葉ですが、企業側が求めていない自分の能力をいくらアピールしても、面接官があなたを採用することはありません。むしろ、企業研究が不足している点や、独りよがりな点がマイナス評価となり、早々に落とされてしまうのです。内定を取りたいのなら、自分の長所や強みをそのままアピールするのではなく、企業側の求める人材像に合わせた切り口で見せるように工夫しなければなりません。

第一印象がイマイチなのかも?

よく「人間は中身が肝心」といわれますが、面接の時間内で応募者の中身を見抜くほどの能力を持つ面接官は、まずいません。特に新卒の場合には仕事の実績が何もないので、判断基準は第一印象に左右されてしまいます。

・ハキハキしている

・表情が明るい

・動作がキビキビしている

・姿勢が良い

などのようなことから、面接官は求職者のヤル気や能力、性格などを読み取っているのです。もしあなたに緊張すると声が小さくなったり、つい俯きがちになったりするようなクセがあるのなら、それは致命的です。緊張しないようにすることはできなくても、態度だけは役者にでもなったつもりで「演技」するのです。しっかり顔を上げて大きな声で話すだけで、かなり印象が変わります。

志望動機が怪しいとアウト

企業側は人材採用に相当なコストを掛けているので、せっかく採用した人にすぐ辞めてしまわれると大変な痛手となります。企業側は能力の高い人材を求めるのと同じくらい、自社への入社を強く望んでいる人材を採用したいと考えていて、そのための判断材料となるのが志望動機なのです。志望動機は新卒の場合ならエントリーシート、転職の場合なら職務経歴書に詳しく書かれています。これを見ながら面接官は、求職者にさまざまな質問を投げかけてくるのです。

・なぜ当社なのか

・当社で何をしたいのか

・あなたは何ができるのか

などの質問に対してキチンと答えられなかったり、文面との整合性に欠けていたりすれば、どんなに素晴らしい志望動機が書かれていても面接を通過することはできません。

逆質問がうまくできなかった

面接でひととおりの質疑応答が終わったあと、面接官から「何か質問はありますか?」と逆質問の機会を与えられることがよくあります。このとき「とくにありません」などと答えていては、面接を通過することは難しいのです。とはいえ、この逆質問のでき具合は合否の鍵を握るものなので、下手な質問をしてしまうと逆効果となります。企業のホームページや経済新聞をいくら読んでも伺い知れないようなことで、面接官からポジティブな回答が得られそうな質問や、今の自分に足りないものは何なのかなど、応募先に合わせた建設的・発展的な質問を予めいくつか用意しておくべきでしょう。

書類の盛りすぎを見破られた

応募書類にウソは書けませんが、ある程度「盛る」ことはむしろ奨励されています。しかし、あまりに盛りすぎてしまうと、面接の場で必ずバレてしまうものです。確かに書類審査で落とされては何も始まりませんが、後に続く数々の関門をくぐり抜けて内定を勝ち取るまでの、トータルな戦略が必要なのだということを忘れてはいけません。くれぐれも応募書類を盛りすぎてしまわないように注意しましょう。

まとめ

ここまで見てきた失敗例から面接に落ちる人にありがちな特徴を5つ挙げておきます。

《理由1》企業側のニーズがわかっていない

《理由2》第一印象がよくない

《理由3》志望動機があいまい

《理由4》逆質問で失敗した

《理由5》盛りすぎた書類を作ってしまった

以上の点をしっかり見直したうえで、もう一度チャレンジしてください。ネバーギブアップ!

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日