理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

面接でやってはいけないNG言動 面接

288

面接で「こうするといい」という正解の行動を断言するのは難しいです。これは、企業によって正解の定義は違うことが理由だからです。A社では好評だった言動が、B社ではまるでNGだったというケースもあります。

しかし、正解例を挙げるのは難しくても、明らかにNGな例を挙げることは簡単です。そこでこの記事では、面接でやってはいけないNGな言動の例をピックアップして紹介していきます。面接で失敗したくない人は、本番に臨む前にぜひお読みください。

遅刻する

時間を守るのは社会人の常識です。もし電車が遅れるなどの事情があるのであれば、遅れることがわかった時点で連絡を入れてください。面接官も鬼ではないので、そういった事情があり、前もって連絡してくるのであれば面接の時間を遅らせてくれるかもしれません。「急げば間に合うかもしれない」と考えて連絡が遅れるのは最悪です。遅れる可能性が出たら、その時点で早めに連絡しましょう。

声が小さい、ボソボソ話す

挨拶も社会人の基本です。面接官と会ったときはもちろん、受付で取り次いでもらうために話すときもしっかりとハキハキ話してください。面接官に挨拶する時に「…どうも。◯◯です」などとボソッと自己紹介する人もいるようですが、絶対にやめましょう。

いわゆる「テンプレ回答」が多い

面接官は多くの面接を担当してきています。多くの就職希望者がどのような回答をするかを、身をもって知っているのです。そういった人に就職活動本などでよく見られる「テンプレ回答」をすると、それだけで「他の受験者と変わらない」という烙印を押されてしまいます。

また、テンプレ回答は少し踏み込まれるとすぐにメッキが剥がれます。例えば「御社の経営理念に共感して…」と答えたら、大抵は「当社のどのような部分に興味を持たれたのですか」と踏み込まれます。そこから先は自分の言葉でしゃべらなければなりませんが、就職活動本しか読んでいない人はうまく受け答えができません。その時点で「この人は中身のない人だ」と判断されて、不合格ラインを割ってしまうのです。

その会社で実施していないサービスや業務に言及する

面接を受けに行っている会社で取り扱っていない商品が好きだと言ったり、行っていないサービスが好きだと言ったりするのは絶対にNGです。企業研究ができていない証拠ですし、「そんなにその商品が好きならその会社に就職したら?」と言われて面接を打ち切られる可能性もゼロではありません。その会社が何を行っているのかを知っておくのは基本中の基本です。志望時に確認し、面接の前には再確認をしておきましょう。

競合他社の面接も受けていると言ってしまう

面接官が面接でよくする質問の1つに、「他の会社は受けていますか?」というものがあります。

端的に言えば、これは罠です。うっかり「他の会社も受けています」などと言おうものなら、「では我が社は滑り止めですか」という話に発展しかねません。「御社しか受けていません」と言うべきなのです。仮に他社を受けていると言ってしまった場合、フォローが必要になります。最低限「御社が第一希望です」と宣言しましょう。

現在の面接のフィードバックを求める

特に新卒者の面接に多いのですが、近年では面接を採点して求職者にフィードバックを行う企業が増えています。求職者はそのフィードバッグを確認して次回の面接に活かせるのですが、ここに落とし穴があります。下手に「今後に活かしたいのですが、本日の面接のフィードバッグはいただけるのでしょうか?」と聞いてしまうと大変です。担当者によっては「うちの面接は練習だったのか!」と怒る可能性すらあります。

「今後に活かす」という言葉には前向きな印象がありますが、面接においては適切ではありません。もしその会社に二次面接や三次面接があるのであれば、「そちらの面接に活かすため」という言い訳も成り立ちますが、そういった事情がない場合はこの言葉を使わない方が無難です。

長い上に要領の得ない回答をする

面接では自己アピールが大切ですが、必死に自己アピールをしようとするために、面接官の質問に対して長々と回答をしてしまう人がいます。中には「その質問ですが、私にはこういう経験がありまして、その経験に照らし合わせると…」などと自分語りを始める人もいるようです。本人は自己アピールのつもりかもしれませんが、むしろマイナスアピールになる危険性があります。

質問には的確かつはっきりと端的に答え、簡素にならないように自分の意見を付け加える程度に留めることがおすすめです。

まとめ

以上、面接でNGとなる言動を取りあげてみました。他にも社会通念上常識とされているNGな言動や、面接に特有なNG行動が多々あります。

面接ではまずNGな言動をしないように気をつけて、しかるのちに他の求職者と差をつける要素を1つ2つ盛り込むプランを考えてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日