理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

円満な退職の仕方 退職

Goodbye 1461323 340

退職してから転職活動をするにせよ、転職先が決定してから退職するにせよ、退職する時は円満退職にしたい、と考えている方がほとんどではないでしょうか。税理士として新しい一歩を踏み出すのに相応しい、円満退職の仕方をまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

退職までに確認しておくべきこと

今まで退職を経験したことがある人も、初めての人も、退職までのステップを再度確認して、それぞれ、どのタイミングで動くのかを計画するようにして下さい。まず、覚えておかなくてはいけないのは、転職先が内定を出してくれるまで、1ヵ月から2ヵ月かかり、また、内定をもらったら、1ヵ月から3ヵ月の間には転職先に入社することが一般的です。ですから、それに合わせて退職できるように計画することが大切です。そして、今現在働いている会社を退職するには、どれくらい前に申し出なければならないかを就業規則で確認しましょう。ドラマのように「辞めさせて頂きます」と一方的に辞表を置いてくるやり方では円満退社とは程遠いものになってしまいます。

退職を伝えるタイミング

絶対に退職して後悔しないし、上司に引き留められても、絶対に退職する意思は変わらないという気持ちになってから退職を伝えましょう。もしも、退職の意思を伝えてから、気が変わってしまっては、周りに迷惑が掛かるだけでなく、信用も無くしてしまいます。

自分の気持ちが固まったら、まずは上司に話しをしましょう。突然上司に「退職したいのですが」と話しかけるのではなく、事前にアポイントを取ってから話すようにしましょう。退職の意思を伝える時は、前向きな理由を付けて話すようにします。仮に、お給料や人間関係に不満があって、転職を考えるようになっていたとしても、それらは伝えずに、前から挑戦したかった税理士にチャレンジしたい、などのように相手を不快にさせない内容で伝えるようにしましょう。

上司に了承を得ることができたら、業務に支障が出ない時期を相談して、引き継ぎの期間を配慮して、退職日を決めます。有給休暇を使いたい時も、自分の都合だけで決定せずに、周りの状況を見て、休んでも迷惑が掛からない時期を選んで休むようにしましょう。辞めるのだから、もうどうでも良いと考えてはいけません。どこで誰が繋がっているか分かりませんし、もし、非常識な退職をして、転職先に知合いがいる同僚がいれば、たちまち悪い評判を流されてしまうかもしまいかねません。また、いつ、誰に力を借りることになるかも分かりませんので、周りの人の理解を得られるように退職の仕方を考えて伝えましょう。

退職願が必要か否か確認する

退職するためには、退職願を書くのが一般的ですが、会社によっては退職が了承されれば、特に退職願を提出する必要が無い場合もあります。退職願が必要か否か確認するのを忘れないようにしましょう。もし、退職願を提出する場合、1ヵ月前には提出できるように準備しておきましょう。

退職の挨拶と引き継ぎは丁寧にしよう

退職することになったら、仕事でお世話になった人達に挨拶回りをしなくてはいけません。自分が担当している顧客のところには、後任者と一緒に行き、退職する旨と後任者の紹介を兼ねて挨拶をしましょう。後任者には、挨拶回りをするまでに、顧客との今までの取引がどのようなものだったのかが分かるようにデータをまとめて渡せるようにしておくのが理想です。引き継ぎと挨拶が丁寧にできていないと、後任者はもちろんですが、会社の信用にもかかわってきます。退職してから「アイツは仕事が出来ない奴だった」と言われないようにしたいですね。

退職する時に会社に返すものと受け取るものがある

仕事をする上で、会社の物を使っていることが多いので、引き取って良いものか、会社へ返すものか、退職までに少しずつ片付けるようにしていきましょう。まずは健康保険被保険者証です。会社が変われば使えなくなりますので、返却を忘れないようにしましょう。また、名刺や名札も自分の名前が入っているとはいえ、返すのが一般的です。受け取るのを忘れないようにしなければいけないものもあります。それは、年金手帳雇用保険被保険者証です。大切なものですので、バタバタしていて、受け取り忘れたり、どこかに紛れてしまったりしないようにして下さい。また、後日、会社から源泉徴収票が送られてくる場合がありますので、転職に伴い、住所が変わる場合は、新しい住所や連絡先を会社に伝えておくようにしましょう。

まとめ

転職と退職の準備を同時にこなしていくのは、とても大変なことですよね。けれども、新しい職場で心機一転頑張ろうとしている方なら、円満退職をして、爽やかな気持ちで税理士として新しい一歩を踏み出したいと考えていると思います。そのためにも、退職をする時期や、退職を伝えるタイミングは、周りの迷惑にならないようにしましょう。また、手続きに必要な書類や引き継ぎ資料を作ることも忘れてはいけません。自分は転職するから、後のことは知らない、という姿勢ではなく、今後もどんな形でお世話になることがあるか分からないので、相手の立場になって退職の仕方を考えて進めて下さいね。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日