理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

仕事を退職する際の業務引き継ぎのコツ 退職

290

会社を退職する際に、自分が担当している仕事を、後任の人へ引き継ぐ必要があります。ですが、実際思うように上手く、業務引き継ぎが出来ていないことが、少なくありません。どのような引継ぎ方法であれば、問題なくスムーズに次の担当者に、仕事を渡すことができるのか、コツを解説致します。退社ではなく、部署を移動するため、後任の人に引き継ぐ場合にも応用できます。トラブルが起こらないようにし、円満退社しましょう。

業務内容をまとめた資料作成でスムーズに引き継ぎ

現在の仕事を退職することになり、次の人に引き継ぎをする場合、理解できる資料を作成して、渡すことがトラブルを、起こさないことに繋がります。業務の引き継ぎ方で、最も不満に感じていることで多いのは、引継ぎの資料にモレなどがあったり、口伝えのみだったりして、理解しずらいという意見です。資料がわかりにくいと、引き継いだ人がお客様に対して、対応することができず、困る場面が出てきます。

トラブルがあった場合に、どのように問題を処理すればいいか、分からなかったり、仕事の全体の流れが把握できず、お客様の言っている事に対して、答えられないなどの状況になり、前任者への不満が噴出してきます。きちんとした引継ぎ資料が、作成出来ていないことで、大柄で投げやりな、辞めるから関係ない態度に見えて、印象も悪くしてしまい、退社する人は、円満退社な雰囲気では、無くなってしまいます。

会社内でも部署変えなどで、次に担当する人に引き継ぐ場合でも、引継ぎが上手くできていないと、社内での仲間との接し方が、ぎくしゃくしてきますので、トラブルを起こさないためにも、理解できる資料作成が、業務引き継ぎのコツになってきます。

次に仕事を担当する人への、引き継ぎ資料が悪いと、引き継がれた新しい担当者が、分からないたびに何回も質問のために、電話やメールをしてくるでしょう。するとその都度、すでに次の仕事をしているあなたも、手を何回も止めなければいけない、仕事が進まない状況になることも考えられます。もし次の仕事に意欲的に、取り組んでいる最中であれば、水を差すことにもなるでしょう。

なので、引き継ぎ資料が良いと、次に担当になった人は、あまり質問をしてきませんし、資料を見ながら自分で仕事を回せますので、次の仕事に集中して、進めていける状況に、早い段階で整えることができます。引き継ぐ人にも、引き継がれた人にも、双方にいい環境を作れるのは、引き継ぎのための理解できる、良い資料がポイントになってきます。

又、紙にプリントするためにまとめた資料だけでなく、パソコンに保存されているデータがあれば、どのフォルダに入っているかなど、忘れないように伝えましょう。ファイルデータは、どの資料をどこに保存したのか、忘れやすいものなので、きちんと伝えることで、次の担当者にも、引き継ぐ安心感を与えられます。

引き継ぎには数ヶ月かけるのが理想

退職するまでに何年間もかけて、担当してきた企業の仕事なので、短期間で引き継ぐのは、なかなか難しいでしょう。又、短期間で引き継ごうとすると、理解できない点が出てきてしまい、引継ぎが上手くできないかもしれません。担当の企業の仕事を、すぐできるようになるのは難しいため、数ヶ月かけて業務を渡すことが理想です。

次の担当者が、同じレベルの仕事ができるようにするため、仕事上での先輩と後輩の関係になり、教えていくことが重要です。培ってきた仕事の中での、人間関係も把握してもらい、「新しい担当者は、○○さんです。よろしくお願い致します。」など、後任を紹介して、仕事を不安なく動かしていける、いい雰囲気にしてあげて下さい。

そのため、引継ぎの計画を立てる場合、数週間という短い期間ではなく、数ヶ月から半年ぐらいで、どのような手順で業務を引き継ぐか、スケジュールを作成しましょう。引継ぎ資料を作成する以前に、引継ぎのスケジュール計画書を、次の担当者に先に手渡ししておきます。現在働いている、会社の評判を悪くしないためにも、しっかりとした引継ぎ対応で、先方に良い印象を与えることが大切です。

退職した後もフォローをすると好印象

後任の担当者に仕事を引き継いで、全くそれきり会わない、電話やメールもできない状況ですと、質問や悩みなどあっても、質問したりできなくなってしまいます。引き継いだ人も、頻繁に教えてほしいとは考えていないので、いざという困った状態になったら、いつでも気軽に質問してね!ということを、一言伝えて退職するといいでしょう。

お世話になってきた会社の皆さんに、退職の際ご挨拶をする言葉に、引き継いだ人が分からないことがあれば、質問してきて下さいなど、伝えておくと印象が良くなります。どこかでまた一緒に、仕事をすることがあるかもしれませんので、きちんと引継ぎましょう。

まとめ

会社を退職する際に、先任の人も後任の人も、お互い問題なく引き継ぎを行うことが、今までお世話になってきた、感謝の気持ちを、態度で示すことにもなります。理解できる引継ぎ資料を作成して、惜しまれて退社できるといいですね。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日