理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

転職トラブル~円満退職にこだわるな~ 転職トラブル

249

転職するために退職するというのは、上司や同僚に報告するのが難しいと感じている方もいらっしゃるかもしれませんね。実際、転職する時には、退職に関することがトラブルの原因になってしまうことがあります。できることなら円満退職をして、清々しい気持ちで、新しい仕事をしたいものですが、思っている以上に難しいこともあります。そんな時は円満退職にこだわり過ぎないことも大切です。もちろん、他の人に迷惑を掛けて退職するのは良くありませんが、どういうケースでは円満退職にこだわらなくても良いのか調べてみたので、参考にしてみて下さい。

どうしても辞めさせてもらえない時は円満退職にこだわらなくて良い

退職願を提出すれば、あっさり退職できるものだと思われるかもしれませんが、実際にはそうはいかないケースが多いようです。人手不足や、辞めた後を引き継いでくれる人の確保の難航、優秀な人を失いたくない、など、理由は様々ですが、退職させないように引き止められることがあります。会社側の口実は何でも良いのですが、「引き継いで仕事をしてくれる人を育てるまで、退職は認めない。それでも辞めるというのであれば、損害賠償を請求する」と脅してくるケースや、お給料をアップするから退職することを思い留まって欲しい、と言われるケースもあります。実際、退職することで損害賠償を支払う義務はありませんし、お給料を本当にアップしてもらえるのかどうか、怪しい部分があります。ですから、そういう時は、円満退職にこだわらずに退職するのも仕方無いと言えます。

円満退職しなくても、転職は不利にならない

円満退職しないと、転職先に良くない噂を流されたり、今後の人間関係に悪影響を及ぼしたりするのではないか、と心配になりますよね。けれども、実際、円満退職しないことで、転職先に良くない噂を流された人のことを聞いたことがありますか?元上司が匿名で嫌がらせの噂を転職先にわざわざ流すでしょうか?もし、根も葉もない噂を流されたとしたら、逆に名誉棄損で訴えることができますし、転職先の方は、しっかりと面接や試験をすることで採用しようと決めた訳ですから、良くない噂を流されたところで、出所が怪しい噂を信用するとも思えません。また、人間関係に悪影響を及ぼす心配も無いと言えます。親しくしている人なら退職しても付き合いは変わらないでしょうし、仕事上の付き合いだった人とは、退職してから人間関係に悩むほど顔を合わせることも無いのではないでしょうか。もし仮に、同じ業界に転職して、顔を合わせることがあったとしても、同じ会社で働いている訳ではないので、人間関係がこじれて困る、ということは無い人が大半だと言えます。

誰でも退職できる権利がある

退職することを止めさせる権利は誰にもありません。もちろん、今日退職の意思を伝えて、明日から出勤しない、などという非常識な行動は別ですが、多くの場合、1ヵ月前か、もしくは2ヵ月前、あるいは3ヵ月前から上司に退職の意思を伝えていることがほとんどです。それなのに、なかなか退職の手続きを進めてくれない、というのであれば円満退職は諦めましょう。もちろん、社内規則で退職の意思は半年前に伝える義務がある、と記されていたのであれば仕方ありませんが、退職届を提出すれば、会社が認めなくても2週間後には退職することができる、と労働基準法で定められています。ですから、転職先への入社日が迫っているのに辞めさせてもらえない時は、円満退職は諦めて、法律で認められた2週間が過ぎたので退職します。と言って、退職してしまいましょう。仮に契約を1年ごとに更新したり、3年ごとに更新したりしている雇用形態であっても、同じことが言えます。もちろん、できることなら契約期間を終えてから、契約を更新せずに退職することができれば良いのですが、なかなかそういう訳にはいかないこともあると思います。契約期間中の退職には、やむを得ない事由があれば契約を解除することができると定められています。もちろん、そのやむを得ない事由というのが、退職するにあたり、会社に損害を与えるようなものであれば、損害賠償請求をされかねませんが、特に何も過失がなければ、2週間で退職することができます。

転職するなら円満退職は難しいと思っておいた方が良い

転職する理由は人それぞれ違います。お給料に不満がある人や、人間関係に不満がある人、仕事内容に不満がある人。もちろん、不満は無いけれど転職する人もいると思います。転職理由が今の職場への不満だった場合、すでにうまくいっていない状態なので、円満退職することは難しいと言えます。人間関係に疲れたから、退職して転職しようと考えている人は、もう上司に報告する時点でトラブルになる可能性が高いのです。ですから、転職のための退職は円満にはいかない、と覚悟しておいた方が良いでしょう。

まとめ

退職するなら円満退職が理想ですよね。それは、会社側も同じ考えだと思います。けれども、退職しようとしている人が優秀だったり、人手不足だったりすると、引き止められたり妨害されたりして、退職手続きが思うように進まないことがあります。そんな時は、円満退職にこだわらず、自分が決めた「退職する」という意思を貫きましょう。会社が退職を認めなくても、法では退職届を提出してから2週間で退職することが認められています。円満退職できなくても、その後の仕事や生活で不利になることは殆どありません。

1度きりの人生ですから、自分が納得できる職場で仕事ができると良いですね。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日