理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

AIがやってくる!会計事務所でのパートさんの仕事はどうなる? 税金コラムいろいろ

320

会計事務所では、実際にロボット記帳を行っている事務所があります。ロボット記帳とは、いままでパートやアルバイトが行ってきた仕分け作業から入力作業をすべてロボットが行うことです。これからますます技術が進むと会計事務所のパートやアルバイトの仕事が高知能AIにとって代わる可能性があります。

会計事務所でパートやアルバイトの仕事とは?

会計事務所のパートやアルバイトとして雇われている人の仕事内容は、最初は伝票への記入やレシートなどの仕分けをして、それを一つ一つ会計ソフトに入力していく作業から始まります。細かい点では消耗品の発注作業もあります。電話の取次ぎやお茶くみという仕事から始まります。

次第に経験を積むと、ソフトの入力作業以外に、一定期間ごとに試算表で集計し、年度末の利益と損失をまとめて決算書を作成するなど難しいこともこなすようになります。繁忙期には、年末調整や確定申告、税務申告などの補助的な仕事も任される場合もあります。さらに仕事ができるようになると、顧客を任されるようになり、得意先に行って、給料計算や財務入力、決算書の作成など、会計士レベルの仕事を任されるようになる場合があります。

会計ソフトを導入すると、仕事の効率化がはかれて、入力間違えをしなければ、ミスがなくなります。人が行っていた給与計算や決算書作成を簡単に出すことができます。


●一般的な会計ソフトの基本機能

・取引の入力

・入力した物を集計する

・決算書類等の作成


●それ以外の機能をつける場合

・勤怠管理ができる機能

・財務状況を分析できる機能

・資金繰りをグラフで出す機能など


現在、会計事務所で会計ソフトを利用している所は、中小企業で70%以上の会社が導入していますが、個人事業主では31.8%しか導入していません。個人事業主では帳簿やノートへ手書きで入力やエクセルや表計算ソフトを使っている所や外部に外注してしているところもあります。

現在の会計ソフトでできない点

会計ソフトの使い方に慣れるまでは時間がかかります。個人事業主だと使いこなすより手書きの方が早くできる場合があります。また、高齢の人だとIT技術を使いこなすことが難しい人が多いです。取引の税区分を入れるときは正しい税区分を選ばなくてはなりません。その判断が会計ソフトには難しいのです。また、減損処理は、資産の下落額を処理しますが、収益性の低下を予測して処理します。これは、会計ソフトに任せることは難しいのです。

高知能AIの導入は、働き方をどう変革する?

会計事務所に導入する会計ロボットには、株式会社クラビスの「STREAMED」というサービスがあります。この機能は今まで入力してきたレシートの入力も自動化されています。このAI知能のすごい所を紹介します。


●AI知能「STREAMED」の機能とは?

①スキャナーで沢山の領収書を自動的にスキャンします。アップロードすれば、100枚の領収書が15分程度で依頼でき、それを「STREAMED」の会社が1営業日中に記帳データとして送ってきます。

②国内の20の会計ソフトに対応しているので、対応データをそのまま使用している会計ソフトに取り込むことができます。

③スキャンした画像の入力データは暗号化されているので解読不能となっています。


「STREAMED」の導入により、記帳を半自動化できるため、コストや時間の節約ができます。「STREAMED」なら、顧客先からの大量の領収書が送られてきても1営業日で記帳データ化できます。

パートを雇う場合、社会保険の負担や有給休暇の問題、残業問題、雇用問題など人間同士での様々なトラブルがあるかもしれません。新規採用の場合は、一から教えなくてはなりません。「STREAMED」を使えば、その問題がすべて解決されます。「STREAMED」というAIロボットに領収書を仕分けする型を覚えこませれば、効率よく早く処理するので、残業することもなく離職することもありません。そのため、人件費が削減され、社会保険代を支払う必要もありません。決算期の繁忙期でも仕分け作業が翌日には完了しているので、その時期だけアルバイトを雇う必要がありません。

今後、AI知能はさらに進化すると考えられます。一般の事務所でもRPAによる業務自動化を導入しているところがあります。RPAは人間が行う業務の処理の手順を登録しておくと、ソフトウエアだけでなく、ブラウザ、クラウドなどのアプリケーションすべてを通り処理する機能があります。

現在、事務系の業務にもAIロボットを導入して、広範囲に対応できる技術の開発が勧められています。AI知能の発達により、10人必要だった業務を2人とロボットでできるようになってきています。顧客対応や税務申告などは人間が行わなくてはなりませんが、それ以外のことがAIやITで済ませられるようになってくる可能性があります。そのため、これからの会計事務所はパートやアルバイトを雇わなくても少人数で多くの業務をこなせるようになるかもしれません。人材不足が叫ばれる中、まさにAI技術はこれから先の高齢化社会を支える働き方改革なのです。

まとめ

会計ソフトの技術により間違いが少なくなり、会計事務所の仕事がずいぶん楽になってきました。その上、AIロボットによる記帳業務の省力化により、人員削減ができるようになっています。今後の会計事務所にとって、パートやアルバイトの仕事が人工知能AIの仕事にとって代わってくる可能性があります。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日