理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税金をクレジットカードで支払うと本当にお得なの? 税金コラムいろいろ

No 195 税金 クレジットカード Cw100122

クレジットカードで納税できる税金の項目が増えています。クレジット払いなら、ポイント付与が受けられたり自宅に居ながら支払いを済ませられたりと、とても便利です。また、クレジット払いなら利用明細に履歴が残るため、家計簿代わりにもなります。ここではどんな税金がクレジットカードで支払えるのか、どんな手続きが必要なのか、メリットのほかデメリットはないのか、などについて解説しています。

クレジットカードで支払える税金

2017年1月以前は、クレジットカードでの納税に対応していたのは自動車税や固定資産税、住民税などの地方税でした。最近ではふるさと納税が人気ですが、こちらの支払いもクレジットカードで行なえます。

2017年1月以降、国税においても以下の表にあるように対象項目が広がりました。


引用:国税クレジットカードお支払サイト

申告所得税及復興特別所得税

消費税及地方消費税

法人税

法人税(連結納税)

地方法人税

地方法人税(連結納税)

相続税

贈与税

源泉所得税及復興特別所得税(告知分)

源泉所得税(告知分)

申告所得税

復興特別法人税

復興特別法人税(連結納税)

消費税

酒税

たばこ税

たばこ税及たばこ特別税

石油税

石油石炭税

電源開発促進税

揮発油税及地方道路税

揮発油税及地方揮発油税

石油ガス税

航空機燃料税

登録免許税(告知分)

自動車重量税(告知分)

印紙税



特に、所得税の納付は受付期間が約1カ月間と短いため、窓口が尋常でないほどに混み合います。また、自動車税とともに自動車重量税もクレジットカードで納税できるようになって、本当に便利になりましたね。

ただし、自治体によってクレジットカード払いができる項目が異なり、固定資産税のクレジットカード払いのように「東京23区内のみ利用可能」というものもあります。お住いの自治体が対応している税金項目を確認するには、都道府県別の公式ホームページや税務署へ問い合わせるのが確実です。

クレジットカードでの納税手続き

「国税庁ホームページ」または「確定申告書等作成コーナー」からアクセスして納付を行うときには、確定申告書や税務署から送付される各種通知書を用意してください。手続きの際に国税の種類(税目)や課税期間、納付金額などを入力する必要があるからです。

また、利用できるクレジットカードは、Visa・Mastercard・JCB・AmericanExpress・Diners Club・TS CUBIC CARDのいずれかのマークが付いたものとなっています。

e-Tax(国税電子申告・納税システム)からアクセスするなら、電子申告・徴収高計算書データの送信か納付情報登録依頼をした後、メッセージボックスの受信通知から納付します。この場合には、先にあげたブランドのクレジットカードのみ用意すればOKです。

目的のサイトにアクセスした後、指定されている項目を入力していけば納付は完了です。クレジットカードで納付できる金額は1,000万円未満(決済手数料含む)ですが、個人が持っているクレジットカードの利用限度額はそれ以下であることが多いでしょう。その場合は、限度額に合わせて分割して複数回で支払うことができます。

税金をクレジットカード払いするときのデメリット

クレジットカードでの納付手続きはとても簡単です。家にいながら納付できるうえ、ポイントの付与も受けられるのだからいいこと尽くめのように見えます。しかし、税金のクレジットカード払にはデメリットもあるのです。

1万円あたり76円(税別)の決済手数料が必要です。現在の消費税率は8%なので、1万円あたり税込だと82円の決済手数料が発生することになります。納税額の0.82%が手数料となるため、クレジットカードのポイント還元率が0.82%を超えていなければ、かえって損になってしまうので、ご注意ください。

納税後すぐに車検がある場合は特に注意が必要です。車検の際には納税証明書が必要となりますが、クレジットカードで納付した場合には、納税証明書の発行まで3週間程度かかることがあります。金融機関の窓口やコンビニエンスストア払いなら、その場で納税証明書がもらえるので、納税後すぐに車検がある場合には、クレジットカードでの納税は避けたほうが無難でしょう。

まとめ

最近はクレジットカード決済や電子マネーでの支払いが多くなり、現金を持ち歩かないという人も増えています。使用履歴が自動的に残るので家計簿代わりになって便利だし、クレジットカードのポイントが貯まるところも魅力だからでしょう。税金をクレジットカードで支払うことができれば、支払いのために窓口まで出向く必要はありません。特に受付期間が指定されている税金の場合、とても便利です。

デメリットを理解したうえで賢く利用すれば、税金のクレジットカード払いはお得で便利なものといえるでしょう。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日