理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税理士事務所の平均残業時間の目安とは 税理士業界のワークライフバランス

6959A7C1C6Dab0060D7Ec153C18D7519 M

実際に税理士事務所に就職したら、労働時間や残業時間はどのくらいなのでしょうか?特に試験勉強と仕事の両立を考えている人にとっては気になるところです。今回は、税理士事務所と一般企業の労働時間の考え方の違いと、税理士事務所の平均残業時間の目安についてご紹介します。

税理士事務所選びに大切な指標となる労働時間

税理士事務所選びにおいて、何を重視しますか?1番目に重要だと言われている項目が、離職率です。離職率が高い税理士事務所の場合、劣悪な労働環境であることが多く、自分もまた近い将来離職する可能性が高いと言えるでしょう。このため、できるだけ離職率の低い税理士事務所に就職することが、自分のキャリアを築くうえで大切なポイントとなります。

そして、税理士事務所選びにおいて2番目に重要だと言われているのが、労働時間です。特に税理士事務所で働く人は、仕事と試験勉強を並行して行っている人が多いという特徴があります。このため、自分の望む労働時間と税理士事務所から求められる労働時間に大きなずれがあると、仕事と試験勉強の両立が難しくなり、いずれ離職せざるを得なくなってしまいます。ただし、税理士事務所の場合、労働時間はその仕事の特徴から一般企業とは分けて考える必要があります。

ここからは、税理士事務所と一般企業の労働時間の違いについてご紹介します。

税理士事務所と一般企業の労働時間の違い

それでは、いったい税理士事務所と一般企業とでは、どの点が労働時間において異なっているのでしょうか?

労働時間や残業時間は、働いている環境で求められている仕事の量に影響を受けます。一般企業の場合、就業時間が決まっており、定時で帰れる職場もありますね。しかし、税理士事務所の場合、このパターンは当てはまりません。税理士事務所の場合、中小企業の社長などの顧客の代わりに、税金に関する手続きを代行することが主な業務となります。したがって、税理士事務所では、この顧客によって労働時間が大きく変わってくることになるのです。

税理士事務所の大切な業務として、12月の年末調整、2~3月の確定申告、そしてその後の企業の決算の手続きが挙げられます。このため、この期間は繁忙期となり、税理士事務所は業務が忙しくなります。したがってこの期間は、労働時間も長くなり、終業時間までに仕事が終わらなければ、残業してでも仕事をこなさなければいけません。ただし、実は決算の時期は、企業によって異なっています。年末調整や確定申告時期となる12月~3月はどの税理士事務所も繁忙期となりますが、それ以降の時期については、税理士事務所の顧客である企業の決算月によって替わります。

例えば3月決算の企業の場合、5月末までが申告期限となるため、5月までが繁忙期となります。逆に言えば、5月に仕事がすべて終われば、6月からは閑散期となり、仕事量が減ります。このため定時に帰れるようになり、残業も発生しなくなります。一方、決算月が9月の場合、11月までが繁忙期となります。このように担当する顧客によって労働時間や残業時間が変わることに注意が必要です。

このように税理士事務所の仕事は、繁忙期は長時間労働に、閑散期は短時間労働になりやすいことが特徴です。このため、資格試験の勉強をしながら税理士事務所で働く場合、この閑散期に集中して勉強をすすめることがおすすめです。

税理士事務所の繁忙期と閑散期を理解したら、今度は税理士事務所の平均的な残業時間が気になる方が多いのではないでしょうか。実は、税理士事務所の労働時間や残業時間は、その税理士事務所の顧客に影響を受けます。例えば、非常に多くの顧客を抱えており成長著しい税理士事務所の場合、こなさなければならない業務量が増えるため、労働時間が増える傾向にあります。このため残業時間もまた長くなりがちと言えるでしょう。このような税理士事務所の場合、閑散期でも21時まで仕事をしていることが多く、繁忙期では22時、または終電まで仕事をしなければいけない場合もあります。

一方、閑散期は19時30分まで、繁忙期でも遅くでも21時30分には仕事が終わるという税理士事務所も存在します。一般的な傾向としては、一カ月当たり10~20時間以内の残業時間であれば、税理士事務所の中では残業時間が少ない部類に該当するでしょう。一カ月30~40時間程度の残業時間であれば、税理事務所では平均クラスでしょうか。一方、40時間を超える残業となると、税理士事務所の中では残業時間が多い部類となります。このくらい労働時間が長くなると、試験勉強と仕事を並行して進めるには、かなり努力が必要となるでしょう。また、自宅と税理士事務所の距離も大切です。通勤時間が長いと当然帰宅時間も遅くなります。残業が多い税理士事務所であるほど、帰宅時間も遅くなるので、税理士事務所の近くに家を借りている職員もいるほどです。

最後に

いかがでしたか?今回は税理士事務所の平均残業時間の目安についてご紹介しました。

税理士事務所は事務所の顧客によって、それぞれ労働時間や残業時間が異なります。税理士事務所に就職してから後悔しないためには、きちんと面接のときに残業時間についても確認しておきましょう。勤務時間については、繁忙期と閑散期における違いにまで踏み込んで確認しておくことがおすすめです。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日