理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税理士事務所で外国人労働者が働くには日本語のスキルが必要 税理士事務所の外国人労働者の活用

8B78540Ca6C3D6D850957F533Be1B2Dd S

税理士事務所で外国人労働者が働くには、日本語スキルが必要になってきます。国際税理士事務所では通訳ができる人や母国語を日本語に訳すことができる人や外国語の書類をみて仕事ができる人が求められています。

税理士事務所で求められている仕事とは?

ある税理士事務所での採用について次のように書かれています。「留学生ですがアルバイトできますか」「外国人の採用をしていますか」という質問に対して「日本語の理解があれば、国籍、宗教問わず一般の方と同じ採用基準で判断させていただきます。」とあります。日本に留学している学生のアルバイトや社員としての採用は日本語のスキルがあれば雇ってもらえるということですが、「一般の人と同じ採用基準で」とあります。税理士事務所で一般の人が採用される基準とはどのような基準でしょうか。資格は必要でしょうか。

採用では、簿記資格や税理士の資格や科目合格、税理士事務所や会計事務所での勤務経験を優遇されます。特に、勤務経験は重視されます。それだけでなく、実際に顧客や来客に対してきちっとした対応ができるコミュニケーション能力を持っているかなど人物の人柄も採用される基準となっています。

会計ソフトを扱うには、ExcelやWordの基本的なパソコンのスキルがあると財務関係の仕事を任せられます。税理士の資格を持っている人なら、企業の経営者との相談業務をするため、話し方、態度、印象、税務知識など、相手に適確にアドバイスができるどうかなどの人柄を面接でみられるでしょう。

◆補助的な仕事する場合(簿記3級程度の資格やスキルが必要)

 ・企業や個人事業主の日々の会計をソフトに入力

 ・決算時には会計データを整理する

◆税理士の独占業務

 ・担当のお客様の経営に関する相談を受けてアドバイスやサポートを行う

 ・税務署への申告を代理として行う

最近の募集広告に中で税理士事務所の税理補助をする人で就労ビザでもOKという事務所が出てきています。仕事内容は経理、財務、会計の仕事です。ただ、条件に日商簿記2級程度の経理知識や経験者が優遇とあり、日本語のスキルと共に会計事務ができるスキルも求められています。外資系企業が増えている今、グローバルに対応できる人物が必要とされています。外国への進出をしている国際税理士事務所や外資系企業の財務・会計・税務等を扱っている税理士事務所では通訳として雇われる場合もあります。

しかし、現実は外国人にとって日本語の習得は難しいという声をききます。外国人労働者が税士事務所で働くためには、就労ビザで日本語を修得する場合、短期間での日本語が習得できるかどうかがネックとなっています。

高いレベルの日本語を求められる

実際に税理士事務所で外国人労働者を採用しているところはほとんどないです。それは、雇用の足りない人材を女性や高齢者が採用されていて、外国人を採用する必要がないからです。日本の税理士事務所では女性の半数以上が60代以上で働いていて、男性も80代でも働いている人がいます。税理士事務所に限らず、一般企業でも外国人労働者を雇うために第一にみるのは日本語能力です。下記のように、採用側は高い日本語能力を求めています。

◆求められる話すレベル

 ・仕事上での支持が理解できる

 ・仕事上必要な日本語が話せて、仕事上正確なコミュニケーションができるレベル

 ・話して、複雑な内容についての意志疎通が正確にできる

◆求められる読むレベル

 ・日本語の仕事においての専門的な内容を読める

まとめ

現状で、外国人労働者の雇用の必要に迫られていないので、外国人労働者の雇用が少ないと考えられます。しかし、今後、増えていくと予想される日本の国際税理士事務所や外国の税理士事務所の日本への進出を考えると、日本語スキルの高い外国人労働者の採用は徐々に増えていくと予想されます。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日