理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

「税理士事務所のシニア人材活用」シニア人材が評価される経験と能力 税理士事務所のシニア人材活用

No 84 税理士事務所・シニア Cw100240

今日のシニア世代はとても元気な方が多いですよね。会社を定年退職しても、まだまだ働くことができる人や、自分の趣味を謳歌している人など、一昔前のシニアとは大きく変わってきています。そんなシニア世代の人達は、体が元気なうちは社会の役に立ちたい、今までの経験を活かしてみたい、そう考えている人も少なくありません。では、そんなシニア人材が税理士事務所で働きたいと考えた時に、評価される経験と能力とは何なのか、まとめてみましたので参考にしてみて下さい。

一番評価されるのは、今までの仕事内容

やはり、一番評価されるのは、長年税理士として活躍してきた仕事の内容だと言えます。その人が今まで取り扱ってきた仕事の量はもちろんですが、専門分野についても評価されることが多いと言えます。法人税を専門として仕事をしていたり、相続税を専門として仕事をしてきたりしてきた方もいらっしゃるでしょうし、中小企業のクライアントをいくつも抱えて、税務の仕事をこなしてきた方もいらっしゃることでしょう。若手には無い、経験の豊富さ、知識の豊富さが一番評価されると言えます。

シニア世代が評価される能力

シニア世代は多くの能力を持っている人が多いですが、中でも指導する能力を評価されると同時に、期待されることも多いです。新人や若い人達に仕事のノウハウを教えるだけでなく、クライアントとの付き合い方など、教科書では教えてくれないようなことを指導することができるからです。この能力は、やはり長年働いてきて、色々なクライアントとコミュニケーションを取ってきた人ならではの能力だと言えます。けれども、長年、税理士業界に居る人は、新人には分かりにくい言葉を使ったり、分かる人にしか通じないような略語を使ったりする人もいます。そういう人は、分かりやすい言葉で説明できるかどうか、振り返ってみる方が良いかもしれません。自分では一般常識だと思い込んでいることが、意外と新人や若い人には通じないことがあるからです。

人の話をじっくり聞くことができる能力が評価される

税理士とは、税務の仕事だけをしていれば良いのではなく、人の話をじっくり聞くことも大切な仕事です。特に、クライアント企業の社長がシニア世代だった場合、若い税理士が担当だと、話がうまく噛み合わなかったり、社長の雑談についていけなかったり、ということもあります。けれども、シニア世代なら、そのような社長とも話が合いますし、信頼関係を築きやすいと言えます。気難しい社長だから、担当をしたくない、というクライアントでも、意外とシニア世代が担当すると、うまくいくということもあります。そのように、若者とは一味違う、じっくり人の話を聞くことができる能力は高く評価されることが多いです。

シニア世代が元気に働くことで、職場に活気を与える

高齢化社会と言われていますが、シニアが元気に働いている会社の特徴をご存知でしょうか。それは、シニアが輝いている職場では若者も集まってきますし、業績もアップする傾向があるようです。若者と同じこと、または、それ以上の能力を求められることも、もちろんありますが、シニア世代ができることを、自分からアピールして、元気に働くことが大切です。中にはシニア世代が税理士事務所に転職してきて、上司が年下になってしまうこともありますが、そんな小さなことは気にしない、という大きな器があればなお、良いでしょう。税理士業界の転職は若い方が有利であることは有名ですが、それは、部下が年上になってしまった時に、扱い辛いと思われることが多いからです。けれども、シニア世代まで上になってしまうと、シニア世代が貫録と心の広さを持っているので、些細なことは気にしないという人も多いのも評価されています。東京都産業労働局の調査によると、年下から叱られることに抵抗が無いという人が60%だという結果も出ています。けれども、実際にはそのようなことを知っている若者は少ないので、年下部下だろうが、気にせず楽しく働くことができるということは素晴らしい能力だと言えます。

管理職としての能力が評価される

シニア世代は優秀で、管理職としても十分働くことができる人が多いです。若い人で管理職クラスの人材が育てば良いのですが、実際はなかなか難しいと感じている税理士事務所もあります。そこで、すでに能力を持っているシニア世代に働いてもらうことで、管理職のポストをカバーしようと感じていることがあります。マネジメントの実績、経験の豊富さ、税務に対する即戦力であるというところは、十分評価されると言えます。

まとめ

年齢が高くなれば、それだけ税理士事務所で採用されることは難しくなっていきます。けれども、シニア世代まで年齢が高くなれば、今まで積んできた仕事のノウハウや教科書には載っていない仕事のコツを持っている人も多いので、そのような部分が評価されて転職に成功している人も多いです。また、逆に自分よりも若い人が上司になっても気にしないという人は、そういう姿勢をアピールすることで、転職を有利に進めることができると言えます。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日