理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税理士事務所で役立つ資格~社会保険労務士~ 税理士事務所で役立つ資格

No 63 社会保険労務士・役立つ資格 Cw100240

税理士事務所で現在働いている方も、税理士事務所へ転職したいと考えている方も、クライアントのニーズに応えることができる税理士を目指している方ばかりだと思います。そのために、日々の業務に追われながらも、様々な勉強をしている方も多いことでしょう。そして、勉強していく中で、クライアントにより良いサービスを提供するために、新しく役立つ資格を取得しようと考えている方のために、企業相手のお仕事を多くしている方にオススメの社会保険労務士の資格についてご紹介致します。

社会保険労務士って何をする人?

社会労務士は税理士の仕事と少し重なる部分もありますが、企業で働く人が安心して働くことができるように支援することができる人のことです。社会保険労務士の資格を取得すれば、労働・社会保険諸法令に関する内容を扱うことができる国家資格者となります。この資格を取得することで、社会保険の加入手続きはもちろんですが、労働保険料の計算、労働契約や就業規則の書類作成をすることができるようになります。また、人事や退職金、社員教育などのコンサルタント業務も行うことができるので、企業にとって、なくてはならない存在だと言えます。

税理士として社会労務士の資格を取得する意義

士として、企業をクライアントに持っている人なら、その企業の経営相談に乗る場面が幾度となくあると思います。税理士として、アドバイスをすることはできますが、さらに社会労務士の資格を取得することで、どうすればクライアントである企業が、さらに発展することができるのかを的確に判断し、その企業で働いている人がどんな問題を抱えているのか、また、どうすればその問題は解決できるのかを考えていきます。企業の発展には、従業員の力が必要不可欠です。その従業員の人達が抱える問題を解決し、福祉を向上するようにサポートすることで、企業の業績を上げるお手伝いをしていくのが社会労務士なのです。ですから、税理士として、お金の知識を持ちながら、社会保険労務士の資格を取得することで、クライアントの企業をいろいろな面でサポートすることができるようになっていきます。

社会保険労務士として開業することもできる

企業にはなくてはならない存在の社会保険労務士ですが、一般企業で働くことももちろんできますが、独立して開業することもできます。税理士と同じように、クライアントと顧問契約を結んで仕事をしますので、クライアントの件数が多ければ、その分年収も高くなります。顧問報酬額は自由に設定することができますので、実績を積んで、クライアントを増やすことができれば、開業社会保険労務士として活躍することができます。また、税理士として開業を考えている人が社会保険労務士の資格を取得すれば、さらに仕事に厚みが出て、クライアントからの信頼も増すことでしょう。

社会保険労務士試験について

社会保険労務士の試験は、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)、雇用保険法(労働保険の保険料の徴収等に関する法律を含む。)、労務管理その他の労働に関する一般常識、社会保険に関する一般常識、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法の計8科目があります。税理士試験のように、科目合格は有りません。受験資格は短大卒と同等以上の学歴があるか、学歴が無い場合は労働社会保険諸法令に関する厚生労働省令で定める事務で働いていた期間が2年以上あるか、行政書士資格を取得していれば、受験することができます。また、実務経験が2年以上ある人は社会保険労務士試験に合格しても、事務指定講習を免除されますが、実務経験が2年以下の人の場合は、受講しなければなりません。その後、全国社会保険労務士連合会に登録して、都道府県社会保険労務士会に入会することで、社会保険労務士になることができるのです。合格率は毎年10%に満たないことが多いです。合格者のうち、30~40歳代の人が半数以上を占めていますので、働きながら社会保険労務士の資格を取得しようとしている人が多いことが分かります。

税理士事務所で役立つのはこんな時

社会保険労務士の資格を持っていれば、給与計算、社会保険の加入手続きができるので、税理士事務所としては、仕事の幅が広がり、歓迎されることが多いです。また、医療系のクライアントが多い税理士事務所では、労務問題が多く発生するので、労務でも頼りになる税理士として、評価されるようになります。

まとめ

税理士としての仕事の幅を広げるために社会保険労務士の資格を取得することは、有効だと言えます。税理士としてだけでなく、社会保険労務士としての立場からもクライアントをサポートすることができるので、収入の増加も見込めます。けれども、社会保険労務士の合格率は10%未満に満たないことも多い難しい試験です。勉強の時間を確保しなくてはならないので、仕事との両立をバランスよくこなす必要があります。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日