理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税理士事務所で役立つ資格~中小企業診断士~ 税理士事務所で役立つ資格

No 60 中小企業診断士・役立つ資格 Cw100240

税理士としての資格取得の勉強を重ねて、活躍しながらも、もっとスキルアップしたいと考えている方も多いことでしょう。様々なクライアントと出会い、色々な業務を担当した経験を踏まえて、さらなる資格取得を目指す方のために、税理士として活躍の幅を広げ、役立つ資格をご紹介したいと思います。今回は中小企業がクライアントに多い方にオススメの、中小企業診断士の資格について、まとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

中小企業診断士は国家資格

税理士の資格と同じように、中小企業診断士の資格も国家資格です。この資格を取得することで、中小企業のクライアントに対して、利益を上げるためのコスト削減と売上を伸ばすために必要なことを、アドバイスすることができます。もちろん、税理士資格で経営相談に応えることも可能ですが、中小企業診断士の資格を取ることで、さらに知識を磨き、スキルを高めることができます。もちろん、社会からの信用度や評価も高くなりますので、税理士としての仕事に役立つと言えます。

中小企業診断士の試験は税理士と同じく科目別合格

試験科目には経済学・経済政策、財務・会計、企業経営理論、運営管理、経営法務、経営情報システム、中小企業経営・中小企業政策の全7科目があります。けれども、この全ての科目に1回で合格する必要はなく、3年以内に全ての科目に合格すれば1次試験突破になります。回答はマークシート式が採用されています。合格ラインは6割正解すれば良いので、勉強の仕方を工夫すれば、全く知識が無いところからのスタートでも合格することが可能です。2次試験は事例問題に基づいて、記述式の問題が出題されます。内容は組織・人事に関する科目、マーケティング・流通に関する科目、生産・技術に関する科目、財務・会計に関する科目の4科目があります。さらに、筆記試験の事例を基に質問される面接試験があります。筆記試験、面接試験も1次試験と同じく6割が合格ラインとされています。けれども、1科目でも40点未満の科目があれば不合格になってしまいます。気になる合格率はだいたい毎年2割くらいです。

試験に合格しただけでは中小企業診断士になれない

1次試験、2次試験に無事合格すれば、中小企業診断士に登録されると思われるかもしれませんが、登録されて、中小企業診断士と名乗ることができるまでには、まだステップを踏まなくてはなりません。所定の実務に従事するか、実務補修をうけなくてはならないのです。この実務は2次試験に合格してから3年以内に15日以上受ける必要があります。所定の実務に従事することができるのは、コンサルティング会社で働いている人くらいなので、ほとんどの人は実務補修をうけることになります。この実務補修には15日間コースと5日間コースがあります。どちらも1社につき、5日間の診断実習を3社分行う内容になっています。15日コースだと、一度に3社分をまとめて受講することになりますし、5日間コースだと、1社ごとに3年間の間に3回行うことになります。いずれも、1人で行うのではなく、予め決められている同じ診断実習を行う人達と複数人でチームを組んで行います。内容は診断先の企業を訪問して、現場調査から始まります。そして、グループで分析を行い、診断報告書を作成します。それをもとに診断先企業へのプレゼンテーションを行い、診断報告書を担当指導員に提出する、といった流れになります。ですから、働きながら中小企業診断士の資格を取得しようと考えている人は、実務補修の期間は仕事を休まなくてはならないので、調整する必要があります。

中小企業診断士の資格は働きながら取得することができる

中小企業診断士の試験に合格しても、実務補修へ行かなくてはいけないので、働きながら資格取得を目指すのは難しいと感じるかもしれませんが、実際は現役の税理士の人、公認会計士の人、また、弁護士の人も資格取得に向けて勉強している人がかなりいるのが現実です。今の仕事をさらに充実したものにしたいと、意識を高く持っている人はダブルライセンスを取得する人も珍しくありません。合格するためには1,000時間の勉強時間が必要だとされていますが、独学で目指すことも、もちろん可能です。ただ、効率的に勉強して、少しでも早く試験に合格したいという人は、資格予備校に通う方法もあります。

中小企業診断士を取得しても、年収に反映されるかどうかは人それぞれ

苦労して取得した国家資格があれば、仕事のやりがいが増すのと同時に、年収も上がるのでは無いかと考えますよね。けれども、実際にはそれほど大きく反映されることが無いのが現実です。もちろん、この資格を取得したことで、クライアントから仕事を任される機会が増えたり、クライアントが増えたりすれば、年収が増えていきますが、同じ事務所で働く中で、「中小企業診断士に合格したから、年収をアップしましょう」という話になることは少ないようです。

まとめ

税理士として仕事を続けていくなら、中小企業診断士の資格を取得することで、クライアントの信頼度が増し、税理士として経営相談にも自信を持って応えることができるようになると言えます。しかし、合格率は2割程度なので、本気で勉強しないと取得することができない資格だと言えます。また、この資格を取得したからといって、すぐに年収アップにつながる訳ではありませんが、自分のスキルを上げることになりますし、将来の独立や副業のことを見据えると、役立つ資格だと言えます。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日