理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

税理士事務所で役立つ資格~ファイナンシャルプランナー~ 税理士事務所で役立つ資格

No 62 ファイナンシャルプランナー・役立つ資格 Cw100240

ファイナンシャルプランナーという資格の名前を聞いたことがある方も多いと思います。生活の中にある、お金の相談に応じることができるファイナンシャルプランナーの資格に興味を持っている方、税理士事務所で働く中で、どのようにこの資格が役立つのか知りたい方のために、ファイナンシャルプランナーについてまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

ファイナンシャルプランナーは何をする人?

ファイナンシャルプランナーは略してFPと表記されることもあります。個人はもちろんですが、企業に対して、目標達成のために、資金計画をどのように立てれば良いのかを一緒に考え、クライアントの目標が達成できるようにサポートしていく人です。企業であれば、税金のことはもちろん、不動産や保険のことが中心になるでしょうし、個人のクライアントなら、教育資金や、年金、住宅ローンの相談など、誰もが身近に感じるお金の知識を幅広く有しているので、総合的にお金の相談を受けることができます。誰でも受験することができるので、学生や主婦、もちろん社会人で資格を取得している人が多くいます。税理士事務所で働く中で、企業や個人の経済状況を総合的に判断するので、ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、クライアントのニーズに税理士としてだけではない広い視野でアドバイスをすることができるので、役立つ資格だと言えます。

ファイナンシャルプランナーには2種類ある

ファイナンシャルプランナーの資格には国家資格と民間資格の2種類があります。国家資格のFP技能士はレベルが3級、2級、1級の3段階に分かれていて、日本FP協会と金融財政事情研究会が実施しています。一方、民間資格のAFP、CFPの試験は日本FP協会が実施しています。AFPはFP技能士の2級と同じくらいのレベルで、CFPはFP技能士の1級と同じくらいのレベルです。FP技能士には有効期限も更新もありませんが、AFPとCFPには継続教育があり、約2年間の間にAFPは15単位以上、CFPは30単位以上を取得しなければ資格が失効してしまいます。CFPの資格は世界標準資格なので、国際的にも通用します。

税理士事務所で役立つのはこんな時

ファイナンシャルプランナーの資格はライフプランニング、タックスプランニング、金融資産運用、不動産、相続・事業承継、リスク管理、の6つの分野を取り扱います。中でも、税金に関するタックスプランニングや非課税枠の知識を使って、相続税の事前対処をする相続・事業承継分は、税理士としての仕事に直結する内容になっています。もちろん、年金に関するランフプランニングなど、どの分野をとっても、税理士事務所の仕事に直結して役立ちます。

ファイナンシャルプランナーの資格試験

FP技能士

3級の技能検定は誰でも受験することができます。2級は3級の合格者か、2年以上の実務経験がある人に限られます。さらに1級を受験するには、2級合格者であり、さらに1年以上の実務経験がある人か、5年以上の実務経験がある人に限られます。学科試験は公的年金や社会保険などの内容のライフプランニング資金計画、生命保険や損害保険などの内容のリスク管理、金融商品のしくみの金融資産運用、税制などのタックスプランニング、不動産、相続・事業承継の6つの科目から出題されます。さらに実技試験もあります。実技試験では資産設計提案業務は1級から3級まで実施され、3級では個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務、2級では生保顧客資産相談業務、個人資産相談業務、存否顧客資産相談業務、中小事業主資産相談業務、1級では資産相談業務の試験があります。2級FP技能士の資格はAFPの資格試験と兼ねているので、2級FP技能士に合格すれば、AFPに登録することができます。

AFP認定者

FP技能士の試験に合格して、AFP認定研修を受けなければなりません。他にはCFP認定教育プログラムに対応する過程を実施する大学院で必要な講座を修了していれば、AFP資格の登録をすることができます。また、AFP認定研修を受講する時に税理士会か公認会計士協会に登録している人の場合、税理士過程を修了すれば、AFPの資格認定を受けることができます。ただ、2級FP技能士の資格を取得したい場合は、その試験に合格する必要があります。

CFP認定者

CFP認定者になるためには、まず、AFP認定者にならなければいけません。その上で金融資産運用設計、不動産運用設計、ライフプランニング・リタイアメントプランニング、リスクと保険、タックスプランニング、相続・事業承継設計の6科目に合格する必要があります。この6科目は1科目ずつ受験することも可能です。さらに、この6科目合格前10年から合格後5年の間に通算3年以上の実務経験が必要になります。

まとめ

税理士は職業柄、様々な場面でお金の相談をされる機会も多いですよね。そんな時、税理士としての立場だけではなく、ファイナンシャルプランナーの資格を持っていれば、多角的にライフプランの相談に応じることができるようになります。もちろん、この資格を取得することで、自分自身の家計を見直す切っ掛けになったり、資産運用に役立てることができたりします。このように、生きて行く中で必要なお金の知識を深く掘り下げたいと考えている方にはとても役立つ資格で、合格率も高いので、挑戦しやすい資格だと言えます。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日