理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

納得のいく転職をした税理士の働き方・共通点 税理士の働き方

292

転職するなら納得できる、やりがいがある会社に行きたいものです。納得できた転職をした税理士は、いくつか成功した要素があるので、参考にするといいでしょう。

転職することで現状を改善していく

税理士という仕事は職業の特性として、経験を積んでスキルアップしていくほど、採用率が高い仕事です。将来も継続して、仕事をしていくことができます。そのような観点から、他の職種と比べて、転職したことがマイナスに思われることは、少ない業界と言えます。転職の目的は、現在の職場では身に付けられない、スキルや仕事があるので、改善するために他の会社に転職することが、少なくありません。

ですから転職したことで、以前の職場より、仕事内容に不満を持つようになったり、自分の希望していた環境が、あまり叶えられていない状況ですと、転職した意味がなくなってしまいます。気を付けないと、転職したらさらにやる気をなくすような、職場環境になってしまったということも、充分ありえます。

転職することで、何を改善したいと考えているのか、今一度見直してみましょう。例えば、最初は個人の会計事務所に転職し、仕事を任せてもらえる会社が希望だったはずが、就職活動をしていく中で、いつの間にか目的が、年収500万以上が絶対です、など目的が変わってしまうと、入社できたのは良かったが、下働きのような仕事ばかり回ってきて、スキルアップできず、将来又転職する際に、いい会社にはいけそうにない状態になったなど、思わぬ失敗転職になりかねません。

税理士はそれぞれ、転職した理由は違いますが、大きな共通点としては、今までの経験を活かして、転職を行ったことです。経験が無い状態で転職しますと、転職した新しい会社では、新人と同じ扱いになります。場合によっては、先に入社している年下の税理士が、仕事では先輩になります。年上の自分が、年下に仕事を教えてもらうことになります。年下に指導されても、気にならない人であればいいですが、たいていは気になってしまうことが、少なくないでしょう。

そのような状況にならないためには、経験が何年間かあり、新しい会社でも自分の方が、経験年数がある状況にしておくと、余裕を持って年下の税理士に、経験があって仕事が間に合う姿を、見せることができます。

例えば、現在働いている会計事務所では、M&Aを専門に仕事をしてきたなら、次に転職する会社でも、同じM&Aを専門にした仕事をしていく方が、余裕を持って仕事をしていけるでしょう。税理士は実務経験が豊富であるほど、有利になってきますので、新しい会社の仲間にも、すぐ馴染んで仕事をしていけます。

個人の会計事務所に納得の転職

一番多い転職の傾向としては、個人で経営している税理士事務所への転職です。個人の税理士事務所の簡単な見分け方は、社長の苗字とその後に、会計事務所と社名をつけていることが多いです。個人の会計事務所に、納得の転職をできたという理由は、仕事面などで融通がきくという点です。例えば、資格試験の勉強に理解があるとか、働いている社員が少ないので、仕事が回ってきて、実務経験が積めることです。

個人の会計事務所は、会社の方針や雰囲気など、社長より直接伝わってくるため、社長と相性がいいと、仕事がやりやすいと実感しているようです。自分の考えがあれば、社長に直接伝えることができることも、仕事のやる気に繋がっています。個人の会計事務所は、大手会計事務所ほど、お給料はもらえませんが、人間味があるアットホームな感じで、仕事を任されることが、やる気もアップに繋がり、成功の転職だと実感している税理士が多いです。

スキルアップで納得の転職

20代の税理士であれば、年齢が若いということで、採用されることが殆どです。そのため、就職活動も悩むことなく、次の仕事先を探せます。ですが、30代以上になってきますと、すごく年配というわけではありませんが、若者扱いはしてもらえない年齢です。転職についても、キャリアアップという目的で、自分のスキルを高めていきたい、姿勢が大切になってきます。

そこでやはり、いい状況で転職できたパターンは、キャリアアップ及びスキルアップで、税理士として自分で人材力を、向上させていく動機が、採用する側にも好印象で、良い転職ができたと、実感している税理士が多いです。比較的、小規模会計事務所より、中規模か大手会計事務所へ、転職していく税理士は、まだまだ勉強して自分を高めたいという、志によって転職を成功させています。

ポジティブな考えや将来計画がある税理士は、採用担当の方も安心でき、採用したいと思っています。現在の自分のスキル以上のことを、新しく勉強していく必要があるため、入社して大変なことも、あるかもしれませんが、柔軟に乗越えていくタフさが大切です。

まとめ

新しい会社へ転職する理由は、税理士により様々ですが、大きな共通点としては、現状の改善です。自分は現状から何を改善したいのか、冷静によく考えることが大切です。初めは大手で経験を積みたいと考えて転職活動をしていたが、これまでの経験を生かせる中小の会計事務所のほうが結果的に良かった、なんてことが良くあります。

転職したことで、逆に悪い状況にならないように、慎重に次の職場を探すことが懸命です。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日