理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

「嫁ブロック」を乗り越えて後悔しない転職を 後悔しない転職

283

独身時代なら転職は自由に出来たかもしれませんが、結婚してから転職をしようとすると思わぬ強い家族の反対に遭うことがあります。特に巷で「嫁ブロック」と呼ばれる、嫁からの反対にたじろいでしまう場合も。後悔しない転職を果たすためには、どうやって嫁を懐柔するのが効果的なのでしょうか?

嫁の話にもしっかり耳を傾ける

「転職をしたい」と持ち出したら、その場で嫁に一蹴されてしまった…世の中には家族からの猛反対に屈して、転職活動を諦める既婚男性も大勢います。夫である自分よりも嫁の方が現実的で、家の中に味方が多い場合はなおさらそうでしょう。それでも「転職したい」とこだわるうちに、家庭に居場所がなくなることもありえます。

一定以上の年齢の女性は、未知の人生経験をするよりも、「現状維持」を求める気持ちが非常に強くなります。子育て中ならなおさらです。それでもあなたは「転職をする」と決意したのです。この決意を翻したら後悔することでしょう。根気強くコミュニケーションを図る努力をするべきです。時間をかけてでも分かってもらうという誠実な態度が求められます。

「嫁と話しても無駄だから自分独りで勝手に会社を辞めようと思います」という人もいますがこれはいけません。そういうことをすれば家族全員があなたに対して非協力的になります。転職活動中に自分が申し込んだ会社から電話がかかるかもしれませんんし、その電話を取り次いでもらえなくなったら困るでしょう。

今の会社には「未来がない」ことを分かってもらう

男性は何歳になっても、独立起業に憧れる気持ちが強いですが、女性は現状維持、安定、権威に寄り添う生き方を好みます。女性は「産む性」なのでいたしかたない面もありますが、嫁にとって、夫が勝手に転職して生活レベルが下がることは、「恐怖」以外の何物でもありません。ですからその現状維持を望む嫁に対して、「転職はするけど、生活は大丈夫だよ」という点を何度も何度も説得して理解してもらう必要があります。そのためには、今の会社や今いる業界に「未来がない」という文脈で語るのが効果的でしょう。

・他部署でリストラが始まったから、次は自分の部署である。

・今は正社員だが、今の会社に居続けると、この先「契約社員」に降格されるリスクもある。

・今の部署で50代の社員の年収は〇万円だが、これは今の自分とさほど違いがない。

・業界刷新で、今後自分の勤めている会社も、ベンチャーにシェアを奪われる可能性が高い。

・自分の会社にはこれといった売りや強みが無いので、今後は危うい

…といった、将来のわが家の安定のためには、自分という人材が最も高く売れるこの時期に転職するしかない!というストーリーをあらかじめ設定しておきましょう。

生活レベルが落ちることはないことを力説する

嫁はバカだから話をしても分かってくれない…男性は得てしてこういう表現をしがちです。口喧嘩なら圧倒的に嫁の方が強いから、口下手な自分が説明しても、そびえたつ「嫁ブロック」を乗り越えられそうにないと感じるのでしょう。しかし、嫁は嫁で、心の中は“今の会社を夫が辞めたら、生活レベルが下がるかもしれない…これから教育費がかかるのに転職なんて、何を考えているの”と混乱しているのです。後悔しない転職のためには、傍らの嫁さんに今後の自分たちの生活レベルが下がることはない点をいかにして理解して、受け入れてもらうかがポイントです。

・夫婦でファイナンシャルプランナーのマネー相談を受けに行く。

・万が一、無職期間が出来たとしても失業保険ももらえるし、貯金がどのくらいあるか、嫁にもちゃんと知らせる。

・転職できた場合、どのくらいの年収の企業に内定をもらえそうか、そういう見込みも話しておく。

まとめ

嫁に転職活動を反対されても、嫁の言い分にも耳を傾け、1つ1つの質問に誠実に対応しようとする姿勢が大事です。後悔しない一度きりの人生を送るためには、今ここで決断をして、新しい職場に向かうことがどうしても必要なのだ…と熱意を持って説得します。家族に反対される転職は成功しないことが多いです。まずは家族との意見の一致が大事になってきます。転職活動の進捗状況もきちんと家族に報告することも大事です。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日