理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

会計事務所で採用される履歴書・職務経歴書の書き方 履歴書・職務経歴書

No 21 履歴書・職務経歴書・書き方 Cw100122

転職活動を始めるにあたり、履歴書と職務経歴書がうまく書けずに悩んでしまうという人は結構多くおられます。多くの場合、採用企業側は書類選考で求職者をかなり絞り込むため、履歴書と職務経歴書は、面接に漕ぎ着けるための第一関門となっています。効率よく転職活動を行うためには、履歴書と職務経歴書の書き方を押さえておく必要があるのです。それでは、履歴書と職務経歴書の違いから書き方までを解説してゆきましょう。

履歴書と職務経歴書の違い

履歴書と職務経歴書では、まずその目的からして違います。履歴書は内定後に人事情報として保管しておくことが主な目的とされる書類です。それに対し、職務経歴書は書類選考での判断材料として見られる書類です。採用担当者は、職務経歴書に書かれている「職務要約」「経歴」「志望動機」「自己PR」などを参考に、面接まで残すべき人材かそうでないかを判断するのです。膨大な応募数の中から、採用担当者の目に留まり興味を持ってもらうためには、単に経歴を羅列しただけではその他大勢の中に埋もれてしまいます。また、面接時には選考のための確認資料として職務経歴書が使われます。書類選考突破を目指すあまり盛りすぎた内容になってしまうと面接でばれてしまい、あっさりと落とされることになるのです。

書類作成で押さえたいポイント

履歴書はフォーマットに従って書いていけば問題ありません。履歴書に書く内容は、


●  氏名/生年月日/現住所/連絡先

● 学歴/職歴

● 免許/資格

● 志望動機/趣味・特技など

● 通勤時間/扶養家族数など

● 本人希望記入欄


と型通りのものとなっています。履歴書の作成でまず悩むのは、手書きにすべきなのかパソコンで作成すべきなのかということでしょう。少し前までは手書きが常識でしたが、最近はどちらでも可というところが増えています。応募先から指定されていればそれに従いますが、使い分けるポイントは応募先の企業カラーです。ホームページから求人の応募を受付けていたり社長が若い方だったりすれば、パソコンで作成した履歴書で構いません。内容については、希望動機以下の内容は各応募先に合わせて書き替えますが、内容のほとんどはどの応募先でも同じものとなります。

職務経歴書は、特に決まったフォーマットはありません。先ほど「盛りすぎに注意」と述べましたが、職務経歴書の第一目的は書類選考を突破することです。応募先のニーズに合った内容や書式で作成し、あなたの強みやヤル気を上手にアピールしてください。職務経歴書に書くべき内容は、


● 名前

● 職務要約

● 職務経歴

● アピールできる経験やスキル

● 志望動機

● 自己PR


などです。志望動機は履歴書にも記載欄があり、重複するから職務経歴書には書かなくてもいいのでは?と思われるかもしれません。しかし、すでに述べた通り書類選考で主に使用されるのは職務経歴書なので、忘れずにしっかりと記入しましょう。

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書は必ずA4用紙2枚で作成することがポイントです。1枚では内容が薄いとみなされますし、3枚では目を通すのに時間が掛かり保管にも不便です。職務経歴書は自分を売り込むために作成するものですが、採用担当者への気配りも必要です。読みやすいように見出しや要約をつけるなどの配慮がなされた職務経歴書は、採用担当者に好印象を与えます。また、履歴書は手書きでもパソコンで作成しても構いませんが、職務経歴書は必ずパソコンで作成してください。

志望動機・自己PRは面接でも必ず聞かれる項目となっています。どちらも応募先ごとのカラーに合わせて、あなたの強みやヤル気を上手に見せて書くことが大切です。また、ここに書いたことは必ず面接で聞かれることを利用して、突っ込んで聞いてほしいことを書くのも手です。志望動機に付随するものとして、前職の退職理由があげられますが、ネガティブな理由はもってのほかです。ここで本気の志望動機をアピールすることができれば、退職理由をポジティブなものに変えることができます。

注意したいのは、志望動機が先走りすぎていないかということで、採用担当者があなたを選ぶための根拠を同時に提示できなければ、単なる独りよがりとなってしまいます。これまでの職歴で身につけたあなたの強みやスキルが、応募先の会社に貢献できるものであるという根拠を、自己PRでしっかり示してください。

まとめ

ここまで履歴書と職務経歴書の違いから書き方までを解説してきました。特に職務経歴書はあなたの分身のようなもので、応募先の採用担当者に対してあなたのことをしっかりアピールできる内容に仕上げることが必要です。パワーあふれる書類を作成できれば、書類選考を楽々突破でき、転職活動はスムーズに進みます。履歴書と職務経歴書の書き方をマスターして。希望に合った内定を早期に獲得できることをお祈りしています。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日