理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

就活失敗談~相続税申告に挑戦したいけどチャンスがない~ 就活失敗談

No 47 税理士・相続税申告・チャンスがない Cw100240

税理士として就職をする時に、事務所のことをある程度知ってから採用試験を受ける方が多いと思います。どんな分野に強いのか、また、どんなクライアントを相手に仕事をしていくことになるのか、気になりますよね。けれども、実際、自分では調べたつもりでも思っていたのと違う職場だった、という失敗もよくある話です。できればしたくない失敗ですが、そうならないために、今回は相続税申告に挑戦したいと考えている方がチャンスが無くて悔しい思いをしなくて済むように、就活の際、どのようなことに注意すれば良いのか調べてみました。

どうして相続税申告のチャンスが無いのか

税理士事務所に就職すれば、税務の仕事は何でも引き受けるものだと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には、事務所ごとに得意としている分野が違っていることが多いです。法人税の分野に強い事務所もあれば、所得税の分野に強い事務所もあるからです。もちろん、税理士になるためには、幅広い分野の勉強をして、それぞれの分野の試験に合格しなくてはいけませんが、やはり得意な分野というのは事務所によって違ってきます。個人型税理士事務所となると、その傾向は強いです。小学校の先生は、全ての教科の授業をおこないますし、教員免許を取得したり、採用試験を受けたりするのに、勉強してきていますが、音楽の授業は苦手だけど、社会科は知識が豊富な先生がいる、というようなイメージです。ですから、就職した事務所の所長が相続税申告は苦手だったり、他の分野の仕事を多くこなしたい、と考えていたりする場合、どうしても相続税申告を行うチャンスには恵まれないということになってしまいます。さらに、相続税申告の件数自体が少ないというのも相続税申告のチャンスが無い原因になっていると言えます。日本にいる税理士の人数よりも、1年間に発生する相続税申告の件数の方が少ないので、仕方が無いとも言えます。ですから、相続税申告を担当する機会が1年間に1件も無いという税理士の人数は多く、経験を積むことができないので、相続税申告は取り扱っていない、という事務所も存在するほどです。一般的な個人型税理士事務所は会社の税金を扱うことを主な仕事としているところが多く、相続税申告を取り扱っている税理士事務所はその分野を得意として、1年間に100件以上の相続税申告を扱う、というように偏っています。

相続税申告を扱っている税理士事務所の見つけ方

就職する時に、相続税申告に挑戦したいと考えていたのに、実際に就職したら相続税を扱っていない事務所だった、ということが無いように、相続税申告を扱っている事務所かどうかを見極める必要があります。では、どのようにすれば相続税申告を扱っている税理士事務所を見付けることができるのでしょうか。一番確実なのは、その事務所の相続税申告の実績を確認することです。1年間の間に相続税の申告を何件くらいしているかを知ることは、その事務所が相続税申告を取り扱っているかどうか、得意としているかどうかを知るのに役立ちます。また、最近ではホームページを作っている税理士事務所も多いので、そのページを見ることで、相続税申告を取り扱っているかどうかを知る手がかりがつかめることもあります。注意が必要なのは、一応表向きは相続税申告を取り扱っているかのように書いておきながら、実は1年間のうち、1件も相続税申告をしていない、という事務所もあります。事務所の名前だけでなく、所長の名前などでも検索して情報を集めるようにしてみましょう。他の判断基準としては、その事務所で働いている税理士や所長が、相続税に関する執筆物を出しているかどうか、ということも目安になります。自分の専門分野ともなると、もちろん他の人より詳しいはずですし、自分の体験談や、相続税申告のポイントなどを出版しているケースもあります。そのような人が働いている税理士事務所ならば、間違いなく相続税申告をするチャンスが巡ってくると言えるでしょう。

個人型税理士事務所では相続税申告のチャンスが少ない理由

相続税申告の件数は年間数で見ても少ないことから、取り扱う機会があまりない税理士が多いことは上記でも述べましたが、小さい税理士事務所だと、ますますチャンスから遠ざかってしまう可能性があります。それは、相続税の相談を受ける際に、税理士は個人の資産を知る必要があるからです。個人型税理士事務所へ相続税の相談に行くということは、自分の資産を全てさらけ出すということになります。小さな事務所だと、その街の人が出入りしている可能性もありますし、どこかから資産の情報が洩れて、誰かに知られてしまう恐れがあります。ですから、個人型税理士事務所よりも、規模の大きい近所の人に会うことが無いような事務所の方が相続税の相談をしやすい、と考える人が多いです。

まとめ

相続税申告というのは、申告自体の年間数が少なく、事務所によっては、全く取り扱っていないということも珍しくありません。ですから、相続税申告に挑戦してみたいのならば、1年間に相続税申告を何件くらい行ったか、また、その事務所の人が相続税に関する書物を書いているかどうかなどを基準に税理士事務所を選んで働くようにすると良いでしょう。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日