理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

就活失敗談~忙しすぎて税理士試験に合格できない~ 就活失敗談

No 49 税理士・試験・合格できない Cw100122

会計事務所や税理士事務所に勤務している人の多くは、働きながら税理士試験に挑戦しています。しかし、仕事が忙しくてなかなか試験に合格できず、ついには諦めてしまったという人が多いのです。そこで、ひょっとして自分もそうなるのでは…と不安に思っている方に向けて、忙しくても着実に合格へ駒を進められる合理的な勉強法をご紹介します。ちょっとしたコツを押さえるだけで、ゴールは大きく近づくのです。

働きながらだと合格まで10年かかる

働きながら税理士試験に挑戦している人はたくさんおられますが、税理士試験は合格率が10%程度の科目を5つ制覇しなければならないため、そう簡単には合格できません。働きながらの勉強だと合格までに10年以上は掛かるのが一般的で、多くの人が志半ばで諦めてしまっているのが現状です。

つまり、税理士になるまでに10年は覚悟しておく必要があるということになります。とはいえ、10年頑張れば合格できるという確証があるわけではなく、モチベーションを保ち続けるのは至難の技でしょう。

税理士試験の勉強時間を確保できるか

税理士試験に合格できるかどうかは、勉強時間を確保できるか否かに掛かってきます。仕事が忙しすぎて勉強時間が確保できなければ、いつまで経っても合格を手にすることはできません。

ところで、仕事が忙しいというのはよく言われていることですが、本当にどうにもならないものなのでしょうか。仕事の能率を可能な限り高めることができれば、残業時間を減らすことができるかもしれません。

そして、仕事以外の時間は最優先で試験勉強に充てましょう。時間はあればあるだけ使ってしまうもので、時間がない方が有効に活用できたりするものです。

勉強の密度を高めることも大切で、工面してひねり出した時間は決して無駄にせず、鬼のように勉強してください。

友達付き合いでも多少の不義理は仕方ありません。あなたが今、人生の勝負どころに立っているということがわかれば、友達も理解してくれるはずです。

合理的な税理士試験合格法は?

計画的に進めていくことが最短でゴールするための王道であることは、税理士試験にもあてはまります。全科目合格まで、一歩一歩着実に進んで行きましょう。

5科目ある税理士試験のうち、簿記論と財務諸表論はお互いに同じような傾向の問題が出されます。また、計算問題が多くいためスピードが勝負の試験でもあるため、若くて元気なうちにまとめて片付けておくのが正解です。

特に簿記1級の会計知識があれば、簿記・財表はすんなり合格できる可能性が高いので、まずはこの2科目を手中に納めましょう。

税法科目は9科目あり、法人税か所得税どちらか一方の必須選択科目と、残りの相続税・消費税・固定資産税などから合わせて3科目を選ぶことになります。

どれを選ぶと合格しやすいかについては「消費税は合格しやすい」「相続税は難しい」など、さまざまな憶測が飛び交っています。また、「事業税・固定資産税・酒税は勉強量が少なくて楽」という意見と「難易度が高くて大変だ」という意見の両方があるようです。

結局、何を基準に選べばよいかというと、

 ・合格後の実務

 ・学習ボリューム

 ・学習効率の組合せ

 ・得意分野

の4つのポイントを押さえながら戦略的に考えるとよいでしょう。

急がば回れといいます。残りの税法科目は1科目ごとに2年ずつあてて、確実に仕留めるための計画を練りましょう。2年間のカレンダーを用意したら、テキストの単元を振り分け、その計画に沿って勉強を進めます。「コツコツが勝つコツ」「千里の道も一歩から」という言葉を信じて最後までやり切ってください。

大学の修士課程を修了することで、試験科目が免除されます。10年掛けて合格できずに税理士の夢を諦めてしまうことになるなら、思い切って一定の期間だけ勉強に専念するのも手です。

まとめ

仕事が忙しすぎて勉強が進まず、いつまでたっても税理士試験に合格できないと、焦ってしまうものです。しかし、ほとんどの人があなたと同じ悩みを抱えながら10年は頑張っているのです。

挫けそうになっているのはみんな同じです。まずは気持ちを立て直し、計画を練り直して再出発してみませんか?焦って消耗してしまい、結局夢を諦めてしまうのでは残念すぎます。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日