理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

「ゆとり世代」の活かし方 会計業界の新人教育

276

「ゆとり世代」とは1987年4月2日~1996年4月1日に生まれた世代のことで、現在の若手社員や新卒で入社した社員がちょうど該当します。ゆとり世代の後に「さとり世代」と呼ばれる世代が出て、ゆとり世代は徐々に死語になっていきました。しかし、現在の新人や若手はまださとり世代ではなくゆとり世代なので、どのように活かすのか方法論が確立できるとベストです。そこで、ゆとり世代の新人をどのように教育し、どのように活かすのか考察していきます。

ゆとり世代の特徴とは?

ゆとり世代の特徴を列挙すると、以下のようなものが挙げられます。


① 自分で考えて行動するのが苦手。

② 自分の好きなことをやっていたい。

③ 自分の将来について不安を持っている。


① ゆとり世代が物心ついたころにはすでにインターネットが普及していました。その結果、それより前の世代よりもITリテラシーが高く、なんでもインターネットで検索して答えを探す癖が付いています。疑問があればまずは検索し、自分の人生を決める重要な選択であってもまずはネットで解決しようとします。職業選択や結婚ですら今やろうとしていることが最適解かどうかをネットを使って調べるので、主観的に自分の意見を持つ機会が少なくなります。

② これは教育方針とIT化が影響しています。まず教育面では、詰め込み教育をやめて本人たちが興味のある分野を勉強する方針に変わっています。その結果、与えられた内容ではなく自分の興味のある分野に関してだけ集中する傾向にあります。次にIT化によって、無駄なことは極力避ける価値観が根付いています。まずはネットで調べて最短ルートを探すので、調べた結果無駄だと思うことはやりたくないということです。

③ ゆとり世代が過ごしてきた時代の経済状況が影響しています。ゆとり世代はバブル崩壊後右肩下がりの経済状況で育っているので、終身雇用や年功序列の安心感を持っていません。こうした不安感とIT化が結びつき、自分で考えるのではなくインターネットで最適な選択を調べ、それに従って行動することで安心感を得ようとしています。

ゆとり世代をどう活かす?

ゆとり世代の特徴を挙げていきましたが、ビジネスの場においてこういったゆとり世代の特徴はどのように出てくるのでしょう?結論としては、ゆとり世代は効率化を優先し、無駄な努力を嫌います。仕事にまだ慣れないうちからこういったスタンスなので、ときに上の年代の社員から仕事もできないのに生意気だ、まずはやってみろ、といったことを言われます。しかし、ゆとり世代は「背中を見て育つ」「とにかくやってみて失敗して学ぶ」といった考え方を嫌います。

マニュアル化できる部分はマニュアル化して効率的にやりたい、避けられる失敗は避けたい、と考えます。そのため、ゆとり世代を教育する際には注意が必要です。

単純なことは見て学べ、ではなく簡易的なマニュアルにしてしまう、業務指示を出す際には作業の意図まで説明する、といった工夫が必要です。最初の新人教育においても、シンプル化、マニュアル化、作業意図の明確化、といったことを心掛けておくと良いでしょう。

まとめ

ゆとり世代はIT化や教育方針による影響から、なるべく効率的に行動して無駄を排除したい、無駄な努力をして将来的に困ることは避けたい、と考えています。そういった考え方は仕事場においても色濃く出るので、ゆとり世代を教育する際には注意が必要です。

具体的には、簡単なことは見て学べ、ではなくマニュアル化してわかりやすくする。無駄な作業はなくす。作業指示を与える際は意図を明確化し、ゆとり世代が無駄な作業だと感じないようにする、といった工夫です。「習うより慣れろ」「考える前に行動しろ」といった考え方はゆとり世代にもっとも合わない発想なので、根性論は捨てた教育が望ましいでしょう。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日