理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

会計業界の効率性とモチベーションを維持する重要性 会計業界の人材育成

No220

会計業界の仕事を効率的に行うには、やる気であるモチベーションを維持することが、会社の発展にも繋がり大切です。やる気がある人材を育成していくには、何が重要なのかを考え、場合によっては社内の体質を、改善していくことが必要です。

効率を高めることがモチベーション維持に繋がる

入社して新人の頃は、仕事に対して誰でもやる気があります。ですが何年か勤務して、会計業界の今まで分からなかった、業界体質など知ったことで、だんだんやる気がなくなることもあります。やる気がないと、仕事を効率よく進めることをしなくなり、時間をかける必要がない仕事に、倍以上時間がかかってしまったり、難しい仕事を後回しにしたり、仕事に対する姿勢が、低下してきてしまいます。

仕事へのやる気とも言える、モチベーションが下がりますと、仕事の効率が悪くなってきてしまいます。やる気がない社員ばかり集まっていては、会社を今以上成長させることは、難しいと言えます。会計業界にとっても、優秀な人材を育成していくことが課題で、良い人材が社内にいれば、会社の財産を増やすことになるという、考え方をする会計事務所も増えてきています。

新人の頃は、モチベーションがあって会社に入社したはずですし、現在もそういう気持ちはあると思っている人でも、維持して継続させることが、なかなか出来ないようです。初めはあったやる気が、すぐやる気をなくしたなど、気持ちに上下の波がありますと、質の高い仕事ができなくなってしまいます。

効率という言葉は一言ですが、人により様々な捉え方ができるでしょう。複雑な仕事内容やデータを整理して、システムで一元化して管理することも、効率的だと言えますし、社内のセクションごとで、仕事をスムーズに進められるように、他のセクションと連携して動く仕組み作りも、効率を高めることになります。

会計業界の社内の仕事の効率化も大切ですが、自分にとって何が効率か?を考えることが、やる気に繋がる、ポイントになってきます。例えば、将来は独立して、会計事務所を設立したいという夢があれば、社長目線で小さな業務も大きな業務も、いかに無駄をなくすかという考えで、社内の仕事をしていくことでしょう。常にそういう考え方をしていれば、仕事を効率的に回す方法も、自然に発想していけます。

自分がキャリアアップしていくことが、仕事のモチベーションを維持することに、繋がると考えられます。目標を掲げてそこに向かって、夢などを実現する自分に成長していきたいと思えば、効率的に仕事ができるようになります。会計業界のトップの人は、部下の夢やどう成長していきたいと思っているか、普段より意見交換をして、実現できるような社内教育をしていくと、定年退職するまでずっと働いてくれるような、会社に貢献してくれる人材に、育てていくことができます。

社員の地味な努力に気づくことが大切

業務を効率化し、社員同士のチームワークを向上させるため、日頃の業務の中で、仕事を効率良くできるように、工夫したり努力したり、頑張っている社員もいます。ですがトップの人は意外に気付かなかったり、そんなことはできて当たり前などと思い、部下に何も声をかけないことが少なくありません。

普段より部下の仕事ぶりを、きちんと見ていない可能性もありますし、本当に見ていないなと思われても、仕方がありません。これでは最初の新人の頃は、仕事に対してやる気があり、工夫したり努力してきた社員でも、見てくれていないなら、仕事を手抜きしてもいいと思ったり、モチベーションを維持できなくなっても仕方がありません。

ですから、工夫したり努力している社員がいたら、誉めてやる気に繋げましょう。トップの人が難しい場合は、先輩が後輩を誉めるとか、同僚同士で誉め合うなど、お互い気付いて声をかけあえるといいでしょう。全員で仕事を効率的に進めるために、誉めることができる仕事の回し方を、発見し合い評価できる、良い雰囲気にするといいです。自分には無い他の仲間の知識を習得したり、スキルアップしていける人材に育てることができます。

取引先企業のニーズを把握してデータ化できる人材

税理士の仕事は、数字のデータを大量に扱うことですが、この数字をただの羅列と見ないで、生きている数字として見ることが、業務の効率化になります。それはどういうことかと言いますと、どの商品が一番売れているか、販売管理のデータを、トップ10に並び換えて作成してみたり、どのメーカーがその業界で強いのか、トップ5を年間推移で作成したりなどです。

取引先企業が、どういう数字を見たいと思っているか、ニーズを把握することができれば、誰もが理解できる資料として作成し、先方に見せれば、次の経営戦略を立てることができるので喜ばれます。説得力ある資料は、会計業務の仕事を効率化し、作成できる人材を育てていくことが重要です。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日