理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

会計事務所の採用担当者が見ている3つのポイント 会計事務所への転職

No 128 会計事務所、転職、採用担当、ポイント Cw100240

会計事務所へ転職しようと考えた時、採用担当者は一体どんな所を見て採用か否かを決定しているのか、とても気になりますよね。採用担当者が見ているポイントが分かれば、転職の対策に生かしたい、と考えている方のために会計事務所の採用担当者が見ているポイントを3つにまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

採用担当者が見ているポイント~その1「履歴書」

転職には履歴書が必ず必要になってきます。学歴や職歴を記入することで、今までどんなことを学び、どんな仕事に取り組んできたかを採用担当者にアピールすることができる大切な書類です。けれども、採用担当者は学歴や職歴だけを見ているのでは無いこともありますので注意が必要です。

証明写真

例えば、証明写真を貼りますよね。その時に、履歴書の写真添付位置にピッタリ綺麗に貼ることができているかも、意外と見られていることがあるのです。写真を貼る枠より小さい写真になっていないかどうか、また、はみ出していないかどうか。そして、写真を真っ直ぐ切ることが出来ているかどうか、などもポイントになってきます。顔が分かる写真を貼っていれば問題ないと思っていたら大間違いです。小さな仕事も丁寧に手を抜かずに作業することができるかどうか、こんなところから推測されることがある、ということを念頭に置いて写真を貼るようにしましょう。

誤字脱字

また、誤字脱字にも注意が必要です。漢字を間違って使っていたり、言い回しを勘違いして使っていたりすることが無いように、少し不安に感じた漢字や言い回しは、調べてから書くようにしましょう。パソコンで履歴書を作ってしまう人も中にはいらっしゃるかもしれませんが、手書き派の人は、美しい字ではなくても、丁寧に書くようにしましょう。今まで何人も採用してきた担当者は字を見れば、どんな人物が書いたのか、だいたい分かるという人も多いものです。

採用担当者が見ているポイント~その2「知識と経験」

採用担当者は、その人物を雇うことで、どれくらい自分の事務所に利益をもたらしてくれるのか、ということを考えて見ています。そこで、やはり見られるのは知識と経験です。専門的な知識が求められる会計事務所では、どれだけ知識を持っているのか、という判断材料に、何の資格を持っているか、ということを基準に判断されます。

知識

例えば税理士試験に合格しているか、科目合格していれば、それだけ税務の知識を学んできている証明になります。また、仕事に直結してくる簿記の知識を証明するためには簿記2級か1級くらいの資格は持っておいた方が良いでしょう。さらに、他の人と差を付けることができる人は社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーというような資格を取得しているので、採用担当者の目に留まりやすいと言えます。もちろん、そのような資格を持っていなくても、経験をアピールすることもできます。どんな部署にいたか、どんな案件を担当していたか、を伝えるのはもちろんですが、具体的に伝えることで、採用担当者の目に留まることが期待できます。

経験

例えば、取引先にはどんな会社があったか、その会社の規模がどれくらいなのか、何年くらい担当していたのか、やりがいを感じたエピソード、苦労したエピソードなどを伝えることができると良いでしょう。もし、会計事務所の仕事と全く関係ない職種からの転職なら、少しの期間でも会計事務所でアルバイトをして、実務経験を積んでから転職した方が良い場合もあります。例えアルバイトであっても、会計事務所のことを全く知らないのと、知っているのとでは採用担当者からの見方が違ってくることがあるからです。

採用担当者が見ているポイント~その3「コミュニケーション能力」

学歴や職歴、資格などの仕事に関する能力は履歴書や筆記テストでだいたい分かるので、わざわざ直接会って判断するまでもありません。けれども、採用担当者がそれら以上に注意して見ているのは、コミュニケーション能力だと言えます。いくら多くの資格を取得していて、高学歴であっても、コミュニケーション能力が低ければ、仕事に支障が出てくるからです。

印象

例えば、話す時に目が泳いでいたり、背中を丸めてしまうクセがあったりする人は、それだけでマイナスポイントになってしまいます。また、緊張すると、言葉が出てこず、何か聞かれても、イエスかノーの回答しか出来ないのも、あまり良いとは言えません。これらは練習を重ねることで改善されることが多いので、色々な人と話すこと機会を見付けて、積極的にコミュニケーション能力を高める工夫をしていくと良いでしょう。

まとめ

会計事務所への転職では、採用担当者は履歴書に書かれた学歴、職歴以外にも見ている部分があります。それは、細かい作業も丁寧にすることができるかどうかを、履歴書の書き方で判断しているのです。また、コミュニケーション能力も見られているポイントになります。内容だけでなく、話し方、話す時の表情、質問への回答の仕方などが見られていることもありますので、今まで気にしたことが無い、という人は自分のことを客観的に見てみて、弱いと思う部分を克服する工夫をしてみて下さい。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日