理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

無借金開業は良いこと? 会計事務所の仕事~飲食店開業編~

330

社会通念上、借金は悪いことでできれば避けたいものとみなされています。しかし、事業者にとっては必ずしもそうとは言い切れないのです。かつての松下電器のような会社なら問題ありませんが、資金力や信用力に乏しい個人経営の飲食店においては、むしろ賢い借金が開業間もない頃の経営を安定させてくれるのです。ここからは、飲食店にとって無借金開業は良いことなのかについて検証してゆきましょう。

無借金での飲食店開業は良いことなのか

実際には無借金で飲食店を開業することは難しいものです。飲食店の開業にあたっては、

 ・物件

 ・内装

 ・設備

 ・調理器具

 ・什器類

 ・食材

などを準備するための開業資金が必要で、小さなお店であっても数百万以上は準備しなければなりません。この資金を無借金で準備するのはなかなか大変です。遺産を相続するとか、お店を譲ってもらえるとかの幸運に恵まれなければ、現在の超低金利下において目標の金額に到達するまでには長い年月が掛かるでしょう。

社会通念上、借金は悪とされています。確かに個人の生活費を借金でまかなうようなことをしていれば、遅かれ早かれ多重債務→自己破産の道をたどることになるでしょう。しかし、事業経営における借金を同じようにとらえるのは間違いです。事業経営においての借金は、「利益の前倒し」や「いざという時の保険」と考えるのが正しく、借りたお金は使ってしまうのではなく持っておくためのものという認識をもっていただきたいと思います。

また、借金したお金で時間や機会を買うという感覚も必要です。良い物件に巡り合ったとき、売り手は待ってくれません。すぐに行動を起こさなければ他人の手に渡ってしまうのです。借金を嫌ったために、欲しかった物件が他人の繁盛店になっているのを見て悔しい思いをしたくはないでしょう。時間や機会を買えるなら、借金の金利など安いものだといえるのです。

飲食店の閉店は赤字のせいではない

飲食店が閉店したと聞いたとき、結構流行っていたのになぜ?というケースはなかったでしょうか。実は、飲食店が倒産するのは必ずしも赤字になったからではないのです。もし赤字になったとしても、店舗の賃貸料や仕入れ業者などへの支払いさえ滞らなければ、閉店に至ることはありません。つまり資金繰りがうまく行かず支払いができなくなれば閉店せざるを得なくなってしまうということなのです。

飲食店の売上は天候などの環境に左右されやすく、食材費が高騰してもそうそう値上げするわけにも行きません。仮にお客の数に変動がなくても同じだけの利益が出せるものではないのです。このような事態は事前に想定して準備しておくべきことで、運転資金をプールしておくことは飲食店の開業・経営にとって必要不可欠のものだといえます。

開業時の借金は必要なもの

運転資金が足りなくなってから借金すればよいと考える方もおられますが、現実は厳しいものです。よく「銀行は晴れの日に傘を貸し、雨の日には貸さない」と言われていますがこれは本当のことで、借りたいときほどお金を貸してはくれないものなのです。さらには経営が悪化していると見れば、貸したお金を回収しようとさえします。これは銀行がアコギなわけではなく、銀行が貸すお金は他人から預かった預金なので、貸倒れのリスクを避けなければならないためです。つまり飲食店を開業するにあたっては、十分な運転資金を確保しておかなければなりません。賢く借金して雨の日に備えて晴れの日に傘を借りておくことが必要だということがお分かりいだだけたのではないでしょうか。

開業時の借金をおすすめするのは、開業時が一番お金を借りやすいからなのです。実際に、日本政策金融公庫では創業のバックアップのため、無担保・無保証・低金利で新創業融資を行っています。健全な経営をしていくための運転資金を準備するために、借金を恐れるのではなくむしろ積極的に開業時の借り入れを実行していただければと思います。

まとめ

ここまで、飲食店にとって無借金開業は良いことなのかについて検証してきました。もちろん、開業資金の全額を借金でまかなうようではいけません。日本政策金融公庫から融資を受けるには、自己資金が100万円程度はないと難しいのですが、そのお金をどのようにして調達したのかも見られます。飲食店の開業が思いつきではなく、きちんと計画して準備をすすめてきたものであれば、通帳にそれなりの履歴が残っているはずです。借金が悪という認識を変えていただき、快調な滑り出しで飲食店を開業していただければと思います。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日