理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

世界のワークライフバランス ~メキシコ編~ 世界のワークライフバランス

266

世界で最も労働時間が長いと言われるメキシコ、ワークライフバランスはやはりワーストワンなのでしょうか。実は決してそんなことはありません。それどころかベスト3の一つなのです。労働時間=ワークライフバランスの指標ではないことを証明する良い例がメキシコです。数字には現れない事実をここで探究しましょう。

労働時間、ワークライフバランス比較

メキシコ人労働者の年間労働時間は2246時間で、2位・韓国・2113時間、3位・ギリシャ・2042時間を抑えトップに君臨しています。隣国米国・1779時間に比べると467時間長いにもかかわらず給料は5分の1以下です。他の項目もレベルが低く、総じて調査38カ国中37番に位置しています。

メキシコ、インド、ブラジルの3カ国がワークライフバランスの指標が最も高く、他を大きく引き離しているとのこと。OECDの調査(ここにはインドは含まれません)ではメキシコ、ブラジル共に労働時間がOECD平均よりもずっと長いのに、一体どうしたことでしょう。同社は世界中のビジネスセンターでレンタルオフィスを提供していて、ワークライフバランスについて様々な観点から調査、提案をしています。この調査から労働時間の短縮のみがワークライフバランスを良くするのではないことを証明しています。

ワークライフバランスを高めているもの

それでは何がワークライフバランスを高くしているのでしょうか?

メキシコの法律では、週48時間労働と決まっていています。これを以前は6日に分けていましたが、現在土日は家族の為ということで、土日労働は週末手当てを3倍支払わなければならないので、大抵の会社は週5日制にしています。つまり1日9,8時間、休憩時間を含めて10時間以上の拘束時間になります。しかしながらこれ程長時間働いてもそこに楽しみがあれば、充実感に繋がるのです。自ら進んでやる仕事は辛いものでも満足します。そこにメキシコのワークライフバランスの指標の高さの原因が隠されているのです。

どのようなことがこの満足感、充実感に繋がっているのかを考えてみましょう。

メキシコ人はとても勤勉で働き者です。朝早くから夜遅くまで働くことは当たり前のことで、家族のために働くのは喜びなのです。家族を大事にしますので、多くの場合幼い子は祖父母に預けて働きに出ます。メキシコ人の「家族」とは友人も含み、自分が勤める会社も家族に属します。ですから会社に対する忠誠心も旺盛で、かつての日本人を彷彿とさせるものがあります。古いものを大事にし、営業では、上等なものを身に付けたりします。このような気質が仕事に対するプラスイメージとなってライフワークバランスの指標を引き上げているのでしょう。

しかしなによりもメキシコ人のプラス思考、肯定的楽観的性格が大きく影響していると考えられます。彼らは決して過去を振り返りません。失敗しても後悔しません。深く追求もされません。そしてお互いに褒めあいます。家族を誉め、友人を誉め、会社を誉めます。このストレスフリーな性格こそが仕事のプラスイメージを引き上げていると考えられます。

更に決定的なことは、かつての我が国のような家族的な会社運営です。この国では主な行事は会社主体で計画し、家族も呼んで会社で行われます。社員一人ひとりの誕生パーティー、母の日、巡礼等です。祭日は日本より数は少ないですが、大きな会社ならほとんど毎日のようにお誕生パーティーがあるほどす。ワールドカップも会社でテレビ観戦します。メキシコが出場する試合は、その時間は仕事を止めてロスタイムとして応援し、試合が終わってから仕事を続けます。このような具合ですから会社と社員の結束力は強く、会社、仕事に生きがいを見出し易いことがライフワークバランスを良くしているのだと思われます。

このように企業側からするとやりやすいシステム、勤勉な国民性、安くて豊富な若い(平均年齢26歳)労働力、広い国土、地の利の良さー米国という大消費地、海、空の便の良さ、貿易協定の多さなどから近年多くの国の企業が進出し、日本でも450社以上の企業がこの地で活躍していることは周知の通りです。

まとめ

我が国の説明によればワークライフバランスとは


「老若男女誰もが、仕事、家庭生活、地域生活、個人の自己啓発など、様々な活動について、自ら希望するバランスで展開できる状態である」

抜粋「ワーク・ライフ・バランス」推進の基本的方向報告」(平成19年7月 男女共同参画会議 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)に関する専門調査会)


ですから、自ら希望するバランスで展開することが大事なのです。メキシコの場合各自の方向性がはっきりしていて、その上、自分の意志で仕事をしていることが結果、時間の長さとは関係なく、ワークライフバランスのとれた生活を作り出していると考えられます。このことは私達日本人にとっても学ぶべき大きな教訓ではないでしょうか。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日