理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

世界でワークライフバランスのいい国スペイン! 世界のワークライフバランス

264

ワークバランスをとると、ゆとりある仕事ということではありません。仕事はいかに短時間で生産性をあげる仕事をするかということなんです。それに取り組んでいるスペインはワークバランス世界第2位だと言われています。

ワークライフバランスとは?

安部首相が働き方改革に焦点をあててから、ワークライフバランスのとれた働き方が出来るようにとよく言われるようになりました。ワーク=仕事、ライフ=生活、バランス=調和という意味で、ワークライフバランスとは「仕事と生活の調和」という意味です。現在、少子高齢化社会の中で、男性も女性も仕事と生活のバランスをとり、育児、介護等もこなすことができる社会を求められています。今、働く人が少なくなっている世の中で、育児や介護を抱える人の離職が問題になっています。離職せずに働き続けられてるような社会作りが日本に必要です。

日本の労働時間は、世界36か国中32位と労働時間が長いほど順位が高くなります。それは、日本人の勤勉さ、職場で有休をとりにくい雰囲気があり、戦後の高度経済成長を支えてきたのは、男性が家庭よりも仕事が中心で、女性は家事、育児をこなすという家庭像です。その意識が今も強く残っています。

ワークライフバランスをとると、残業を減らし、いかに労働生産性を高めるかが焦点になります。ただ、残業を減らすだけでは会社の生産性が落ちて、赤字になってしまうかもしれません。日本社会も世界のワークライフバランスに倣い、仕事と家庭が両立できるワークバランスのとれた社会にしていくことが今の課題の一つとなっています。

スペインのワークライフバランスとは?

スペインと日本では仕事に対する意識が異なります。スペインはOECD加盟国の中でワークライフバランスが世界第2位で日本は31位です。余暇時間はスペインが1日平均16時間超で第1位です。.

スペインが余暇時間を多くとるのは、「幸せはお金で買えるものではない」「生きるために働く」という考え方が中心になっています。そのため、仕事のために働くのではなくて、自分がしたいと思うことのために働くのです。そのため、有給休暇も年間22日間、年間の休日日数は32日間という長い期間を取得しています。バカンスをゆったりと楽しむ国民性です。考え方として、有給休暇が与えられているのになぜ休まないのか、休むことが当然であると思われます。休みを取ることに対して、批判的な目で見るものはいないのです。

日本では、今も会社のために働くという考え方があり、いかに会社に貢献したかが評価の対象となっています。そのため、労働時間が長くなりがちですし、有給を取りたくても休むことに対する後ろめたさがあり、回りも休みを取る者に対していい顔をしません。

スペイン人は仕事をさぼっているわけではなく、仕事の労働生産性を高めて、余暇の時間をしっかりと楽しむという考え方のため、ワークライフバランスがしっかりと取れているのです。

スペインのワークライフバランス政策

スペインはシエスタという昼寝をする習慣があるため、働き方が2部制になっていて、1部目は8:00~13:00、2部は17:00~20:00という働き方をしています。70年近くその働き方をしてきましたが、スペインのマリアーノ・ラホイ首相は19時以降の仕事をやめ、18時までに仕事を切り上げようという働き方をすすめています。

首相は「フレックスタイムを導入し、ワークバランスがとれている会社には、質の高い会社としての賞を授与する」としています。就業時間を早める目的は、日本と同様、男性も女性も家庭を持ちながら仕事ができるようにするためです。そのため、シエスタを取らずに、会社を早く帰れるようにする会社が出てきています。

スペインは決して景気がいいわけではありません。失業率が22%を超えているので、国をあげてワークライフバランスに取り組み労働力を確保し、生活にも余裕が出てくるように取り組んでいます。

まとめ

スペインはワークバランスがよく、余暇時間が多い国です。家庭や自分のやりたいことに時間を割くことが幸せであり非常に明るい国民です。有給休暇はきちっと消化されていて、それが当たり前となっています。日本でも現在、残業を無くし、労働生産性をあげられるようなはtら着方を推進しています。

今後、日本でも男性も女性も仕事、家庭、育児、介護、自分のやりたいことなど、ワークライフバランスの良い職場づくりが推進されていくでしょう。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日