理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

ライフプラン~なぜ家計簿は続かない?無理なく続ける方法~ ライフプラン

No 213 ライフプラン 家計簿 Cw100240

将来のことを考えて、貯金ができるようにしたいと考えている方は多いと思います。けれども、実際には、なかなか貯金することができず、何にいくらくらい使っているのか分からない、と悩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんね。家計簿をつければ収支が明確になり、無駄使いを減らして貯金できるかもしれない、と思うものの、家計簿を続けることができない方のために、無理なく続ける家計簿のつけかたを調べてみましたので、あなたのライフプランに是非、役立てて下さい。

家計簿が続かない理由

“家計簿とは、こうあるべき”という概念に囚われ過ぎてしまうと、家計簿が続かない原因になることがあります。レシートがあるものは、何をいくらで買ったのか、見返せばわかりますが、レシートが無い物は記憶に頼るしかなくなってしまいます。例えば、旅行へ行った時に自動販売機で飲み物を買ったり、レシートを出してくれないお店で食事をしたりしたとします。帰ってから家計簿につけようと思っても、食事代はいくらだったのか、細かい金額を思い出すことが出来ないと、計算が合わなくなるので、嫌になってしまう原因になります。1円単位まできっちり計算して書くのが家計簿だと考えている方は、少しゆったりと構えて、だいたいの金額で良いというルールにしてみると、家計簿を続けることができるのでは無いでしょうか。

家計簿を続けるためにできること

家計簿は毎日つけた方が、お金の管理はしっかりできるかもしれませんね。けれども、毎日書くことが義務になってしまうと、疲れて帰ってきた日や、飲みに行って帰宅が遅くなってしまった日など、書くことができないと続けられないことにイライラして、止めてしまうことになりかねません。家計簿はつけることが目的ではなく、家計簿を通して、お金の収支を掴むことにあります。ですから、毎日家計簿をつけようと思わず、とにかく帰宅したらレシートを決めた場所に置くことから始めてみましょう。そして、1週間に1回まとめて家計簿につければ良い、くらいのルールにしておくと、無理なく続けることができるようになります。

現金払いをしていないものは別枠にする

現金払いだけでなく、クレジットカード払いで買い物をすることもあると思います。特に、ネットショッピングをする際には、クレジットカード決済をする方が多いのでは無いでしょうか。現金払いとクレジットカード払いの違いは、すぐに現金が減っていかないことにあります。クレジット会社によって、銀行口座から引き落とされる日が違いますが、翌月引き落としになり、「何を買ったんだっけ?」とならないために、家計簿ではクレジットカードで購入した旨を記載し、銀行からお金が引き落とされる月の家計簿に記載するようにしておくと、お金の出入りが明確になり、家計簿を続けやすくなります。

項目を細かく分けようとしない

家計簿をつけるには、食費や衣服代、光熱費や家賃など、細かく項目を分けてつけていかなくてはいけない、と思っていませんか?あまり細かくしすぎると、面倒になってしまうので、続かない原因になります。例えば、スーパーで食品と一緒に洗濯洗剤などの日用品を一緒にレジに持って行くと、レシートには食費も日用品も一枚にまとめて記載されてしまいます。その中から、食費はいくらで、日用品はいくらで、と分けるとなると大変です。ですから、そんな時は、購入した品物の種類が食品の方が多くなっていたなら、そこに記載されている合計金額は食費ということでまとめてしまっても問題ありません。最終的に1ヵ月の間にいくら使ったのか、ということが分かれば良いので、あまり神経質になる必要は無いと思っておきましょう。

自分にあった家計簿を選んで使う

家計簿と言っても、様々なつけ方があります。家計簿として販売されているノートに書き込んでいく方法はもちろんですが、普通のノートに自分が分かりやすいように書き込んでいく方法もあります。中には、レシートを貼っておくだけで良い、という付け方を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。ノートに書き込んでいく方法が向いていないと感じる方は、エクセルで家計簿をつける方法もあります。自動で計算をしてくれますし、ノートと違ってかさ張らないので、意外と続けやすいと感じるかもしれません。また、家計簿のアプリを使えば、仕事帰りの電車の中など、ちょっとした時にも家計簿をつけることができるので、無理なく続けられるのではないでしょうか。

まとめ

家計簿を続けようと思っても、何度も挫折している、という人は家計簿のつけ方を見直してみては如何でしょうか。例えば、項目を細かく分けすぎない、金額を1円単位まで合わそうとしない、などです。また、毎日つけることが大切だと思われがちですが、毎日つけるのは、結構ハードルが高いものです。ですから、1週間に1回まとめてつければ良い、というルールに変更して、レシートだけは決めた場所で保管しておくようにしましょう。

また、ノート型のものだけでなく、エクセルやアプリを活用して家計簿をつける方法もありますので、自分が続けられそうな方法を探して、ライフプランを充実したものにするためにも、家計簿をつけて、収支を明確にしてみて下さい。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日