理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

職場におけるハラスメントを解説!パワハラとは? ハラスメントについて

242

職場におけるハラスメントというのは、つまりは嫌がらせのことをいいます。そして、セクハラと並んでよく取り上げられるハラスメントのひとつがパワハラです。行き過ぎた叱責により就業意欲をなくしてしまい、パワハラに悩む労働者もいれば、部下を指導しなければいけないけれど、強く叱ればパワハラだと訴えられてしまうのではないかと困惑している管理職の方もいます。というわけで、今回は職場のパワハラについて、解説したいと思います。

パワハラの定義とは?

厚生労働省は、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」をパワハラと定義しています。「職場内の優位性」というのはどういうことかというと、上司から部下へのパワハラだけでなく、職務上の地位や人間関係によるものをいうので、先輩後輩関係や専門性の有無、仕事のできるできない、部下から上司への蔑みなどによるものも含まれます。

また、なぜ「業務の適正な範囲を超えて」といっているのかというと、業務を行う上では指示だけでなく指導や注意をしながらの指揮命令が必要だからです。業務を行う上で必要だと客観的に判断できる指導はパワハラではないのです。

パワハラの6つの類型

厚生労働省は、パワハラ行為には主に6つの類型があると発表しています。

<身体的な攻撃>

暴行や傷害のことを言っています。これは見た目にも明らかなパワハラ行為だといえ、殴るけるといった暴力行為など言語道断です。

<精神的な攻撃>

脅迫・名誉毀損・侮辱・ひどい暴言などを指しています。他の社員の前で激しく叱責したり、人格を否定するような言葉を投げかけたり、長時間拘束して指導とは言えない小言をネチネチと言い続けたりといったことです。

<人間関係からの切り離>

隔離・仲間外し・無視といった行為のことです。1人だけ不自然に離れた場所に席を設けたり、歓送迎会に呼ばなかったりといったことが該当します。

<過大な要求>

業務上明らかに不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害といった行為です。まだ業務内容もよくわからない新人に、何も指導せずに仕事を押し付けるといったようなことをさします。

<過小な要求>

今度は逆に、業務上の合理性もないのに、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じたり、仕事を与えないといった行為のことをさしています。例えば、事務職のスタッフに倉庫の整理ばかりをさせて本来の仕事をさせないといったことですね。

<個の侵害>

私的なことに過度に立ち入るといった行為。これは家族の悪口を言うなどといったことが該当します。

実際にあったパワハラ事例

接触事故を起こしたバスの運転士に対して1ヶ月にわたり除草作業を命じたことについて、裁判所はパワハラと認定しました。期限を示さずに毎日炎天下での除草作業をさせたことは、正当な目的から逸脱していると判断されたからです。

会社内の先輩従業員から暴言や暴行等のパワハラを受けたとして訴えた案件では、責任転嫁されたとか罵声を浴びせられたとか、物を投げられたなど、いくつもの暴言や暴行が主張されました。

しかし、業務の指導の範囲内と判断されるものや、双方で食い違いがあり信ぴょう性に乏しいものが多く、客観的証拠もないということでパワハラとは認められませんでした。

まとめ

今回は、職場でのパワハラについて解説しました。仕事だからとパワハラを我慢し続けて精神的にまいってしまったり、指導のつもりがパワハラといわれてしまったりと、パワハラされた側もした側も、正しい知識がないために悩んでしまっているケースが多くみられます。職場の全員でパワハラについて理解を深め、加害者にも被害者にもならない健全な職場環境で仕事をしたいものです。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日