理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

ハラスメントについて~上司のパワハラを止めさせる方法~ ハラスメントについて

245

様々なハラスメントによって辛い思いをしている人のことが、話題になることが多いですよね。中でもパワハラは誰もが受ける可能性があるハラスメントです。ですから、どんなことがパワハラになるのか、また、どうすれば上司のパワハラを止めさせることができるのかを知っておくことで、自分が被害に合った時だけでなく、友人や職場の同僚の助けになるかもしれません。さらに、自分が上司になった時に、無意識にパワハラを行わないようにするためにも知っておいた方が知識だと言えます。是非、参考にしてみて下さい

パワハラって何?

パワハラについて、何となくご存知の方も多いと思いますが、復習のつもりで確認してみましょう。パワハラとは、上司という立場を利用することで、部下に仕事の範囲を超えた内容の指示を出したり、それを強要させたりすることです。時には嫌がらせのようにも感じられることもあります。その指示に応えられないと、人格を否定するような暴言を吐かれることもあります。暴言だけでなく、時には身体的な暴力に発展することもあります。通常業務では考えられないような過大な要求をされたり、出来そうもないようなことを要求されたりするのがパワハラだと思っている方が大半だと思いますが、実は、その逆もパワハラになるのです。例えば、コピーを取るだけの仕事しかやらせてもらえない、何か仕事をしようとしても、仕事をさせてもらえない、仕事の連絡が自分にだけは回ってこない、というようなこともパワハラになります。

パワハラを止めさせるには、パワハラを受けた証拠を集める

パワハラをされたら、とにかく証拠を集めるようにしましょう。証拠が無ければ、パワハラを止めさせるにも、何を止めさせるのか具体的に示すことができないからです。例えば、毎日のことを日記に書き留めておくのも有効です。仕事の内容、その時、上司から指示された内容、さらに、自分はどう感じたのか、を記録しておきましょう。また、できることなら、ボイスレコーダーなどで上司のパワハラに当たる音声を録音しておくのもオススメです。スマートフォンにも音声録音機能はついていますので、怒鳴られたり、常識では考えられないような内容のことを言われたりした時には、証拠として録音するようにしましょう。また、何か暴力を振るわれたりした時は、病院に行くほどの怪我ではない、と泣き寝入りするのではなく、病院へ行き、診断書を書いて貰うようにしましょう。診断書や録音した音声など、証拠品はできるだけコピーをしておくことが望ましいです。

パワハラを止めてもらうように直接上司に伝えてみる

上司と二人で話をする機会を設けてみましょう。パワハラをするような人と膝を突き合わせて話をするなんて、絶対に嫌だ、と思われる場合は、メールや文書で伝えてみても良いでしょう。もしかすると、上司はパワハラをしている自覚が無く、素直に反省してくれるかもしれません。もし、パワハラは言い掛かりだと反撃されたら、証拠がある旨を伝えてみても良いでしょう。もしも、これでパワハラが無くなれば良いですが、さらに酷くなったり、改善されない場合はパワハラをする上司の上司に相談したり、人事部に相談したりしてみましょう。同じようにパワハラ被害に合っている人がいるのなら、一緒に訴えるのも有効です。

社内で解決できない時は、外部に相談してみる

会社の中でパワハラを解決してくれる動きが全く無い場合や、上司のパワハラが改善されない時は、思い切って外部に相談してみましょう。弁護士に相談すれば、お金はかかりますが会社と上司に対して慰謝料を請求することも可能になるかもしれません。そこまで大事にするつもりは無いけれど、何とかパワハラを止めさせたいというのであれば、まずは厚生労働省の総合労働相談コーナーに相談してみましょう。相談するのに予約は必要ないので、思い立ったら、すぐに相談することができます。相談料も無料ですし、もちろん秘密厳守です。上司にパワハラを止めさせる法的処置を相談したい場合は、法テラスのサポートダイヤルに電話相談することもできます。国が設立した公的な機関なので安心して利用することができますし、相談内容に応じて、専門機関を紹介してもらうことも可能です。

パワハラ被害に合わないようにするために

人間同士ですから、それぞれ相性が合うか合わないかがあって当然です。けれども、職場では相性だけで仕事をする訳にはいきません。社会人として、当然ですよね。パワハラ被害に合う人というのは、やはり上司と相性が悪い場合に起こることが多いのですが、パワハラ被害に合う人が悪い訳ではありません。自分さえ我慢すれば良い。と思わずに時には「その指示には無理があるように思います」「どうして、そんなことをするんですか」と、言い返すことも必要です。さらに、パワハラかもしれない、という段階なら、パワハラに関する本や、労働問題の本などを、見える所に置いておくと、上司も自分の行いを顧みる切っ掛けになり、穏やかに接してくれるようになるかもしれません。

まとめ

上司は自分の立場を利用して、理不尽な要求をしてくることがあります。もしかしたら、上司も昔は自分の上司からそのような扱いを受けていたために、それが普通だと思っているかもしれません。けれども、ハラスメントに対する意識は高くなっていますので、昔はそれが普通だった、と言われても通用しないことが多いです。上司のパワハラを止めさせるには、パワハラ上司に直接話してみて、それでもダメなら会社の人事部やパワハラ上司の上司に相談してみるようにして下さい。社内で解決してもらえない場合は、国の相談機関や弁護士に相談することで、解決の糸口を見つけることができるかもしれませんよ。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日