理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

キャリア別・世代別の転職~一般企業からの転職~ キャリア別・世代別の転職

Handshake 2056023 340

税理士として会計事務所で働きたいと考えるようになったものの、今働いているのは、一般企業。はたして、転職することは可能なのか、また、転職するための心構えなど、ちょっと気になるけれど、人には相談しにくいな、と感じている方のために、一般企業で働いている人が税理士として転職するために必要な情報をまとめてみたので、参考にしてみて下さい。

一般企業から税理士として会計事務所へ転職希望する人は増えている

税理士として、会計事務所への転職を考えている人の場合、一般企業で経理などの仕事に携わっていた場合が多いです。一般企業での経理の仕事は、自分が勤めている会社の経費清算をしたり、従業員の給与計算などをしたりするのが一般的です。もちろん、経営数値を分析して、会社の経営をサポートしていくことも大切な仕事です。

一方、会計事務所というのは、顧客の決算や税務申告書の作成を行うところです。この、“顧客”とは会社の経理部門の時もありますし、個人事業主の時もあります。そして、お金全般の相談に乗り、経営をサポートしていくのが主な仕事で、1人で複数の顧客を担当するのが一般的です。

このことから分かるように、経理を担当する人が居ないような中小企業の場合、会計事務所に業務を委託するので、会計事務所で働くには、幅広い知識が必要になってきます。ですから、一般企業で年間スケジュールが分かっていて、同じような内容の業務をしていた人達が、もっと専門的な知識を身につけたいと感じたり、税理士として、多くの人の役に立ちたいと考えたりして転職する人が増えてきています。

資格が無くても転職することはできる

税理士として一人前に仕事ができるようになりたい、と考えると、やはり会計事務所で働くことが近道になると考えますよね。会計事務所で働くには、資格がある方が良いですが、働きながら資格試験合格を目指す人も多いので、資格が無くても転職することはできます。けれども、やはり仕事の内容や待遇など、思い描いているものとは、少し違うものになる可能性があります。最初は見習いとして、補助のような仕事をしなくてはいけないこともありますし、アルバイトのような形で採用されてから、正社員登用になることもあります。

一般企業からの転職で、求められること

会計事務所では、顧客からの税務相談や経営相談などに対応しなくてはなりません。ですから、コミュニケーション能力を求められます。中小企業の社長と経営について話し合うことができるのはもちろんですが、世間話や、特に中身のないような雑談にも臨機応変に対応できる力が求められます。人と話すことが好きな人は、税理士としてのスキルを磨くことで、さらに転職しやすくなると言えます。もちろん、資格も持っているに越したことはありません。資格試験勉強中であったとしても、簿記2級くらいの知識は必要ですし、日々の業務で必要な仕訳の知識はもちろんですが、減価償却、リース取引、消費税に関するものは理解している方が良いでしょう。

税理士への転職は若い方が有利

税理士として転職を考えた時、20代の若い人は比較的転職活動がスムーズに進みます。けれども、30代、40代と年齢を重ねるごとに、転職が難しくなっていきます。いくら一般企業で経験を積んでいて、重要な役職に就いていたと言っても、やはり年齢の壁があるのは事実です。なぜなら、若い人の方が素直に新しいことを取り入れることができるのに対して、今までキャリアを積んできた30代、40代の人は自分のやり方を貫こうとする場合があるからです。それに、新卒で税理士として就職していた人が上司として指導する立場になった時、自分より、10歳も年上の人に仕事を教えるのは嫌だと感じることがあるからです。

そのためにも、もし、会計事務所へ転職したいけれど、税理士試験に合格してからにしよう、と漠然と考えているのであれば、会計事務所へ転職して、働きながら勉強することができる環境を整えた方が、税理士としての近道になると言えます。

女性でも一般企業から税理士に転職できる

女性は転職しにくいのではないか、また、税理士のような残業が多そうな仕事なら、女性は雇ってもらいにくいのではないか、と感じて諦める方もいらっしゃるかもしれませんね。けれども、女性が多く活躍している会計事務所を探せば、転職することは難しくありません。それに、そういう事務所なら、結婚や出産、育児などにも寛大なことが多いので、長く働くことができます。女性が転職するなら、女性の割合が高いか、男性と同じくらいの比率の事務所を探すことをオススメします。

まとめ

一般企業で培った経験を、税理士として生かしながら働くためには、業務に必要なスキルだけでなく、コミュニケーション能力も必要になってきます。転職先の所長と話しをしたり、面接試験をしたりする時は、そのような能力も探られていると思っておいた方が良いでしょう。また、社会人経験を積んでからの転職が有利になる反面、年齢を重ねれば重ねるほど、税理士としての転職は難しくなっていきますので、なるべく早めに転職活動を始めることをオススメします。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日