理想の職場を探そう

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ

会計・税務に特化した転職サポート アカウンティング・ライフ
無料の転職サポートを希望する

面接で評価が上がる人、下がる人 面接

289

面接試験は、書類選考や筆記試験と違い、自分自身を見てもらうことができるチャンスです。もちろん、面接官も、履歴書などからは掴みきれない人柄を知りたいと思っています。ですから、この面接試験の対策をしっかりすることで、評価は上がることもあれば、下がることも十分にあり得るのです。では、面接で評価が上がる人と下がる人の違いはどんなことにあるのか疑問に感じますよね。そこで、面接で評価を上げるためにはどのようなことが必要なのかをまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

自分の言葉で話しができる人は評価が上がる

面接対策の書籍やサイトで色々と勉強してから面接試験に挑む方がほとんどだと思います。けれども、そこに書かれている文言をそのまま使って面接を受けているようでは、評価は下がってしまいます。なぜなら、面接試験を受ける人の多くは、それらを使って対策を練っていますし、面接官はそんな人達を数多く見てきているので、自分の言葉で話していないことがすぐにバレてしまうからです。もちろん、面接に向けて自分で調べたり、勉強したりしてきた姿勢をアピールすることはできるかもしれませんが、働き始めれば、自分で考えて自分の言葉で説明することが求められます。ですから、採用した後も、自分の考えを自分の言葉で話すことができる、という印象を面接官に持ってもらうことができれば、評価が上がると言えます。

知らないことを素直に認められない人は評価が下がる

面接では、自分が予想もしていなかったようなことを質問されることがあります。もし、全く調べていなくて、分からないような質問をされた時、「知りません」「分かりません」と答えると評価が下がるのではないかと思い、適当なことを答えて誤魔化す方がいらっしゃいますが、面接官には知らないのに、適当に答えているな、と分かってしまいます。そのことが、「分からないなりに、一生懸命考えて答えているな」とプラスに受け取ってもらえれば良いのですが、多くの場合、「知らないことを素直に認められないのだな」とマイナスな印象になってしまいます。なぜマイナスになるのかというと、実際に採用されて働き始めたとしても、仕事のことで「これ、分かるよね?」と上司やクライアントから言われた時に、分からないことを素直に認められず、仕事に支障をきたすことが連想されるからです。分からないことは、勉強不足であることに違いありませんが、嘘をついて誤魔化すのは勉強不足以上に性質が悪く、評価を下げかねません。

ですから、知らないことは素直に認めた上で、前向きな言葉を付け加えるようにしましょう。例えば、「わが社の理念をご存知ですか?」と質問されたけれど、調べていなかったとします。そんな時は、素直に知らないことを認めた上で、知っている実績を例に挙げ、これらのことから、小さな仕事も丁寧に扱い、クライアントの立場に立って仕事をする会社だと感じています。というように答えることができると良いでしょう。

面接官と会話のキャッチボールがうまくできると評価が上がる

面接官から質問されて、それに答える、というのが面接の一般的な形ですが、面接試験を受ける会社のことをしっかり勉強していると、面接官と会話のキャッチボールがうまくできるようになります。他の応募者が知らないような細かいことまで勉強しておくと、面接官は「そんなことまで知っているのか」と興味を持ってくれます。すると、答えたことに対して、さらに質問されたり、話が膨らんでいったりすることがあります。そういうことができると、面接官の印象も良くなり、評価が上がります。だからと言って、奇をてらって、面白いことを言う必要はありません。その業界のこと、その会社のことを深く調べていくことで得られたことを自分なりに整理して、頭に入れておくことが大切です。

面接を受けている会社のカラーに合わせれば評価が上がる

職場によって、何となくカラーというのがあると思います。真面目そうな雰囲気の人が多い職場もあれば、個性的な雰囲気の人が多い職場、オシャレな雰囲気な人が多い職場など、色々ありますが、その職場のカラーをリサーチして、同じような雰囲気を出すことができれば、評価が上がると言えます。

例えば、税理士事務所か会計事務所のようにクライアントから信用して仕事を任せてもらうことが大前提の職場では、多くの人が年配の方からも信頼してもらえるような話し方や服装を心掛けています。ですから、面接を受ける時にはその中に溶け込んで、違和感なく働くことができる雰囲気を出すことが大切です。

さらに、面接という短い時間で、この人のクセは、これだな、と思われるような言動は出さないように心掛けましょう。緊張すると貧乏ゆすりを無意識にしてしまう人や、話の語尾が曖昧で小さな声になってしまうようなクセがある人は、自分では気がついていないことがありますので、変なクセが無いか家族や友人に聞いて、直すようにしておきましょう。

まとめ

面接試験では、話の内容はもちろんですが、その人の人柄を見られていることを覚えておくようにしましょう。アピールできるようなことや、特技が無いのであれば、徹底的に面接を受ける会社のことを調べて、誰よりも詳しくなる努力をしたり、職場の人達の中にスムーズに溶け込んでいくことができる雰囲気を演出したりする工夫をしてみて下さい。表情が明るく、イキイキとした話し方ができる人は、それだけで評価を上げることができるということを忘れないようにして下さい。

お問い合わせ・ご相談

採用に関するお問い合わせ・ご相談はお気軽にご連絡ください。
弊社キャリアコンシェルジュから(3営業日以内に)ご連絡させていただきます。
お電話でも承っております。下記の番号までご連絡ください。

052-228-0348
受付時間 12:00~18:00 月曜〜金曜

お名前
電話番号
Eメール
お問い合わせ内容

サービス利用に関する個人情報の取り扱いについて

会計・税務キャリアのための人材紹介サービス『Accounting Life』を運営する株式会社Bricks&UK(以下「Bricks&UK」といいます。)は、各種サービスを安心してご利用いただくために、個人情報の取扱いを以下のように定めています。サービスのご利用の前にご確認ください。

1.個人情報の定義

個人情報とは、『Accounting Life』のサービス利用によってBricks&UKが取得した、個人の特定が可能な、利用者様の氏名・生年月日・住所・電話番号・e-mailアドレス等です。また、求職活動に必要な、利用者様の履歴書または職務経歴書等の書類に記載された情報を含みます。

2.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス提供に必要な範囲内で利用者様の個人情報を取得し、利用します。求人企業その他の第三者へ、『Accounting Life』の利用者様の同意なしに開示・提供は行いません。

3.個人情報の利用と提供

Bricks&UKは、『Accounting Life』のサービス利用者様への転職サポートサービスに際し、利用者様の意思確認の上で、個人情報を応募先企業に選考のために提供することがあります。提供に際しては、応募先企業での書類選考に必要な、利用者様ご本人が作成した履歴書及び職務経歴書等の情報、並びにBricks&UKが作成した登録票等を利用します。

4.個人情報の利用に関する例外

『Accounting Life』のサービス向上のため、利用者様にご意見やアンケート等のお願い、あるいは情報提供をお願いするため、利用者様の個人情報を利用させていただく場合があります。

5.個人情報の開示、追加、訂正及び削除

ご利用者様の個人情報に開示・追加・訂正・削除等があった場合、ご利用者様本人からのはお申し出であることを確認の上、お預かりしている個人情報を開示、追加、訂正、削除等をします。個人情報の開示、追加、訂正及び削除は、当社所定の「個人情報の開示等依頼書」をご利用者様本人にご記入頂き、ご利用者様本人である事を確認した上、該当の情報の開示、追加、訂正削除等をいたします。但し、Bricks&UKの業務に支障がある場合や業務の記録については、ご依頼にお応えできません。

6.外部委託

個人情報の取扱いを当社外に委託する場合は、個人情報に関する機密保持契約を締結した上で行います。

7.Cookieの利用

Bricks&UKは『Accounting Life』等のサイトにおいて、Cookieを使用しています。Cookieで得た情報は、利用者様が特定できるような情報を含んではいません。また、Cookieで得た情報は、ご利用者様が既に当社サイトを閲覧頂いた方と同一人物であることや、ご利用者様にご興味をお持ち頂きやすい情報を選定するために使用しています。

Bricks&UKの個人情報に関するお問い合わせ先

株式会社Bricks&UK
・東京事務所 東京都中央区日本橋箱埼町20番7号 ITOビル6F
・名古屋事務所 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-25 丸の内KSビル7F
Email: info@accouting-life.com

【個人情報保護管理者】
株式会社Bricks&UK
人材紹介事業責任者 權田

2018年3月1日